|1/2ページ | 次の20件 >>

看護部門 リニュアルしました

2014年6月17日

看護部のホームページ更新いたしました。

先輩看護師からのメッセージはなかなかの出来ですので、どうぞご覧ください。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 11:56 | 看護部からのお知らせ

さんぽ図書館 開館 10周年

2014年1月28日

ふれあい 
さんぽ図書館は、1月19日で10周年をむかえました。

10周年を祝してさんぽ図書館前に 「さんぽ図書館のあゆみ」を掲示いたしました。

名前の由来など10年のあゆみがポスターとなっています。

ぜひ お近くにお越しの際はご覧ください。

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 10:18 | 看護部からのお知らせ

訪問看護に関する相談会が開催されました

2013年10月8日

看護部3 

10月8日(火) 正面フロアーにて訪問看護に関する相談会が開催されました。 実際に訪問看護を行っているステーションの看護師が相談に応じています。

次回は、11月20日(水)9時から12時まで相談会が開催されますので、「できるだけ家で過ごしたい」「退院後の生活が不安」「介護負担が心配」など、どんなことでもお気軽にご相談くさい。

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 14:32 | 看護部からのお知らせ

さんぽ図書  1万人達成

2012年2月21日

さんぽ図書 さんぽ図書 1万人達成感謝

平成16年1月に開設したさんぽ図書が、平成19年8月にご利用者が5000人を達成し、今年2月20日に1万人達成しました。

さんぽ図書の蔵書は約4200冊あり、患者様からのご寄付や、一般の方からのご寄付 月刊誌等は病院の購入で賄っています。管理は、ボランティアの方10名で、在庫の整理から貸出、返却の管理まで殆どしてくださっています。ボランティアの皆さんに本当に感謝しております。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 19:28 | 看護部からのお知らせ

ふれあいギャラリー沖田昌子「パステル画と詩」

2012年2月21日

 

沖田3

沖田2沖田 1

 

 

 

 

    沖田 昌子

             「パステル画と詩」

今回の作品は、初めての出展です。パステル画と詩です。パステル画はその優しさと柔らかさはとても深みを感じます。詩は、沖田様の奥深い感性がとても胸に沁みわたり、自分をもう一度遠くから見てみたい気持ちになります。是非ご覧ください。

展示期間 : 平成24年2月17日〜3月9日

次回展示 : 富山フライヤ連盟作品展   展示期間 : 3月9日〜3月30日

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 14:09 | 看護部からのお知らせ

出前講座に行ってきました

2011年12月28日

富山看護協会では、県などの委託を受け看護普及推進事業というものを行って月中いるそうです。

 

実際に行なった会場は視聴覚室でした

今回、年末を前にした12月19日、富山市立月岡中学校において出前講座を行ってきました。内容は、看護師の仕事の内容や看護師の魅力、やりがい、病院の施設の説明や、医療機器などをスライドを使ってお話しをさせていただいてきました。また、AED(自動体外式除細動器)を実際に用いて、心肺蘇生の体験などもしいていただきました

今回の対象は中学1年生52人が対象でしたが、実際に中高生に講義をする機械のない私たちですが、生徒の皆さんは興味を持って受講してくれました。最後には、質問などもされ、看護師の仕事について興味を持っていることを知り、月中嬉しく思いました

 

←心肺蘇生やAEDを実際に体験しています

 

これからもこのような機会を設けることで、ひとりでも多くの方に看護師、病院のことを伝えていけらばいいなあと思います

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 02:07 | 看護部からのお知らせ

ボランティア活動運営委員会「桐朋アカデミー コントラバス・アンサンブル

2011年11月15日

 

桐朋2

桐朋3 桐朋1

 

 

 

 

桐朋オーケストラ・アカデミー・コントラバス・アンサンブル

平成23年11月11日講堂にて 桐朋オーケストラ・アカデミーコントラバス専攻研修課程生2名によるコントラバス・アンサンブル演奏会が行われました。曲は映画「ピノキオ」より”星に願いを” G線上のアリア 「サウンド・オブ・ミュージック」よりエーデルワイス 井上揚水少年時代童謡で赤とんぼなど11曲 童謡は全員で一緒に歌ったりしました。患者様からは「感激して涙が出そうだった」と感想を話された方もあり、短時間でしたが患者様は病気や治療を忘れ素敵な時間を過ごされたと思います。また、職員でも素敵な演奏が聴こえてきたと講堂にこられしばらく聴いて行かれた方もいらっしゃいました。機会があれば皆様も是非演奏会に出かけてみてください。

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 13:35 | 看護部からのお知らせ

現任教育委員会 「新人6ヶ月研修」

2011年10月5日

 
六か月研修1六か月研修2 
今年度採用の新人看護師が 9月28日に 6ヶ月研修をしました。この研修は、多重課題、時間切迫状況下で安全に優先順位を選択し、ケアが提供できる状況判断力を養成するを目的として行っています。                            

患者役にはシュミレータ「さくら」と現任教育委員 各病棟の病棟教育係が行いました。

研修生の新人たちはとても緊張していましたが、研修後このような状況下でのどのように動くことが必要か理解できた。また、自分の能力で不足した部分を理解でき今後の課題を見つけることができたという感想がが聞かれました。

患者役となった病棟教育係からは、新人の現状がよくわかりましたと、このような感想を聞くことができました。

現任教育委員としては、新人たちは、パニックになったり戸惑ったりしていましたが、その中でも患者役になっている人に優しい言葉がけをしている新人も多くいて6ヶ月間の成長もしっかり感じ取ることができました。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 10:03 | 看護部からのお知らせ

ふれあいギャラリー「高橋ヤスコ シャドウボックス」

2011年10月5日

高橋2高橋高橋3

 

 

 

 

 

       高橋 ヤスコ

              シャドウボックス「花」

 今回の作品は、ご覧になるのが初めての方もいらっしゃるかもしれませんが、幾重にも同じ形に切った紙を張り合わせて立体感を表してあります。完成された作品はとても奥深く、その色合いはアンティークで不思議な世界に引き込まれます。是非ご覧ください。

展示期間 : 平成23年9月28日〜10月21日

次回 : 村沢 京子  「いろいろアート6人展」

展示期間 : 平成23年10月21日〜11月11日


投稿者:富山市立 富山市民病院at 08:30 | 看護部からのお知らせ

AED(体外式除細動器)って何?

2011年8月26日

 当院では、受診、入院されている患者さんを始め、多くの方が安心して来院できるよう色々なことに取り組んでいます

今回は、最近、皆さんも良く耳にするようになったんではないでしょうかAED(体外式除細動器)についての取り組みをお知らせします

院内には、12台のAEDが設置され、速やかに対応できる体制を整えていますこのAEDを安全に使うため、そして、効果的な救命処置を行うため、当院の全職員には年1回の訓練を行っているんです医師や看護師だけでなく、事務職員、検査科やリハビリ、レントゲン技師など・・・ついには、カフェのおねえさんや清掃業者さん、院内保育所の保育士さんたちも訓練を行っているんです

 


続きを読む...

投稿者:富山市立 富山市民病院at 10:48 | 看護部からのお知らせ

新人看護師 院外研修

2011年8月17日

 新採用看護師3ケ月フォローアップ研修

3ケ月フォローアップ研修は、「3ケ月目の自己を振り返り、自分なりのストレス軽減法を見つけること コミュニケーションスキルの向上」を目的として行っています。午前中は講義を受け午後からは、院外に出てリフレッシュ研修を行っています。

今回はガラス工房に出かけ、吹きガラスを体験しました。それぞれの作品は、世界に一つだけの素敵で、かわいいさくひんとなりました。新人看護師の皆さんは、暫しの間でしたが、厳しい日常業務から離れ少しほっとした表情で作品をつくっていました。

ガラス1

 ガラスコップ

ガラス3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              


投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:38 | 看護部からのお知らせ

ふれあい看護体験

2011年6月28日

 「ふれあい看護体験」を6月21・22日に行いました
  堀川小学校6年生113名が看護師と患者さんのふれあいを通じて「看護の心」を感じたり、病院内で働く人々とふれあうことで医療への関心を深めました。病棟では血圧測定、車椅子搬送、洗髪など看護師の仕事を体験しました。また当院の小児救急看護師により、「みんなでつなごう友達の命」をテーマに講義をしました。体験から子供たちの声です。 患者さんから「ありがとう」と言われてとてもうれしかった。生まれた赤ちゃんはとてもかわいかった。車椅子に乗ってみたけど怖かった。動かしてみたけど難しかった。看護師さんの仕事には愛情があると思いました。 AEDについて話を聞くことでこれから行動できるように思ったなどでした。この体験を終えふれあい看護体験の目的「看護師の仕事」「看護の心」「命の大切さ」について子供たちに少し理解していただけたように思っています。また、元気な小学生を目にして私たちも元気をもらいました。

 ふれあい5ふれあい2


投稿者:富山市立 富山市民病院at 17:30 | 看護部からのお知らせ

教育委員会からのお知らせ

2011年6月23日

  看護部教育委員では、新人研修においてより効果的におこなえるように研修にシュミレータを導入しています。今度新たに女性シュミレータ さくらがやってきました。以前からあるシュミレータと共に紹介します

さくら

さくら2

   女性シュミレータ さくら

   いろいろな研修で活用できます

 

Qちゃん

しんじょう

せいけつ君吸引シュミレータ      Qちゅん

静脈シュミレータ      しんじょうU

口腔ケアシュミレータ   せいけつ君

研修会場で会いましょう。楽しい研修が受けられると思います。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 18:06 | 看護部からのお知らせ

「看護の日」のイベント開催!

2011年5月19日

看護部からの看護の日久しぶりのブログの更新です

今回、5月11日に「看護の日」のイベントを行ったので皆さんにご報告します

当院看護師により病院を利用される方(患者家族の方)を中心に健康チェックを行いました。血圧測定や体脂肪測定、簡単な相談などをさせていただきました

多数の方にお越し頂きとても良い看護の日時間を過ごすことができました

 

 

 

 

これからも、患者さんはもとより家族の方とのふれあいの時間を大切にし、優しく思いやりを持って看護を実践していきたいと思っています

これからも宜しくお願いします

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 19:12 | 看護部からのお知らせ

未曾有の災害、ガンバレ日本!ガンバレ東北!

2011年3月23日

3月11日午後2時46分東北地方を中心にマグニチュード9.0の大地震、大津波があったことは皆さんはもちろんご存知のことと思います

ここに謹んでお見舞い申し上げます。そして、亡くなられた方にはご冥福をお祈りいたします。また、生死の別れ際といわれる72時間を過ぎても行方不明となっていらっしゃる方、今も頑張っていると信じています!

今回、当院をはじめ、県内はもとより全国のDMAT(災害派遣医療チーム)が、同日、被災地である東北に向けて救護に向いました。岩手県に向うチーム、宮城県に向うチーム、そして私たち富山市民病院DMAT隊は富山大学病院との混成チームで福島県に向いました。

全国各地から次々と被災地に入り救護活動を行っています(情報は逐一メールなどで入ってきます・・・途中からは電波状況により途絶えることもありましたが・・・)

私たちは、被災者が搬送され、被災地外の病院へ搬送することを想定し福島空港に向かい活動してきました。空港には自衛隊、消防、海保、警察などの航空機が待機、被災地に向け離発着を繰り返していました。また、空港内には、キャンセル待ちをしているお客さん、被災地から命からがら避難した方など多くの方がいらっしゃいました。

私たちが救護活動をしていると被災地の方から、「家がなくなってしまったんですが頑張ります」「ありがとうございます、お疲れ様です」など声をかけていただくことがありとても心を打たれました。

同じ日本人です。困っている人がいれば助ける、被災していない人はもちろん、被災した方々も協力して日々助け合っています。

何か役に立ちたいと思っているのは私だけではないと思います。

今も、当院をはじめ富山県内の総合病院が救護所で活動しています。3月21日当院は第1班の救護班が被災地に向いました。頑張ってほしいと思います。

被災されたみなさん、まだまだ辛く苦しい日々が続くと思いますが、救護にくる医療スタッフ、ボランティアの方、疲れきっているかもしれませんが行政の方に何でも頼ってほしいと思います。

みんなで頑張っていきましょう

ガンバレ日本、ガンバレ東北


投稿者:富山市立 富山市民病院at 18:10 | 看護部からのお知らせ

めでたい報告・・・!

2011年3月23日

 
当院看護部では、出産後も働きやすい環境になるよう目指しています

病児保育や院内保育がそれらに当たります

現在も出産を控えながら日々の業務に一生懸命に取り組んでいる看護師、出産し産休、育休の中にあり一生懸命子育てをしている看護師(母親、妻として)が当院にはたくさんいます

ここでほんの一例を・・・・

今回、当院産科にて無事、そしてめでたく出産をしたスタッフがいたので内輪のことと言われればそれまでですが・・・・嬉しいことなのでご報告します

ということで・・・

今後も、これからの日本の未来を支える子供たちを産み、育てる母親(看護師)のための強い見方であり職場となるように病院全体で取り組んで行きたいと思います

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 17:51 | 看護部からのお知らせ

あけましておめでとうございます

2011年1月11日

寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしですか

平成23年の新春を迎え、当院も新たな1年のスタートを切りました

1月1日は当院が、救急当番日ということで当救急科でも救急車の受け入れや受診患者さんお診察にあたり新たな気持ちで仕事に取り組みました

今年は、例年に比べ気温が低めで降雪量も増えると予想されています

当院スタッフも体調管理に努め今年1年一生懸命仕事に取り組み、看護部の取り組みやイベントなどをお知らせして行こうと考えています

今年も宜しくお願いします

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 02:10 | 看護部からのお知らせ

今年も残すところ数時間

2010年12月31日

 今年も残すところ数時間、皆さんどのようにお過ごしですか

昨年、ホームページがリニューアルし早1年が過ぎました

私たちは、ご覧頂いている方々に当看護部のことや病院内での出来事を知っていただき、少しでも近い存在であるようにホームページやブログの更新をしてまいりました

まだまだ、市民の方やご覧頂いている方々には、お知らせしたいことが多くあります・・・・・十分に更新していない部分がありすいません・・・・

後数時間で年が明け新しい年が始まりますが、来年も市民の方の富山市民病院であるよう当看護部も頑張って生きたいと思います

昨日から雪模様となり、これからより一層寒さが厳しくなりますが皆様お体に気をつけてよいお年をお迎え下さい

  大晦日

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:23 | 看護部からのお知らせ

ボランティア活動運営委員会「クリスマス会」

2010年12月24日

クリスマス ♪♪♪ 

MERRY CHRISTMAS 

                                       ♪♪♪

今年も病室に優しさのこもった、カードを配りにサンタクロースがやってきました。

当院では、毎年クリスマスの季節になると入院中の患者様全員に、担当看護師がそれぞれ思考を凝らしクリスマスカードを作ります。そのカードをクリスマス会の日にサンタクロースが一人ひとりにお配りしております。プレゼントはないですがこのクリスマスカード患者様達には大変喜んでいただいています。

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 12:21 | トピックス

クリスマス会のお知らせ

2010年12月15日

12月も残すところ半月を過ぎようとしています

12月といえば・・・・そうです クリスマス

当院、小児科病棟では、子供達が日々、病気と闘っています

私達は、そんな子供たちに例年、ささやかながらクリスマス会を行っています

今年は、12月17日(金)11時〜12時までを予定しています

今後も闘病している患者さんに少しでも力になれるよう、様々な催しを計画し開催していけたらいいなと思っています

 

さらに・・・

お知らせです

当院では、認定看護師による「こども相談」を行っています

詳しい日時、場所などは当院ホームページをご覧下さい

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 11:32 | 看護部からのお知らせ

|1/2ページ | 次の20件 >>