|1/1ページ

アメリカ帰り

2011年12月18日

とうとう雪も降りだしまして冬到来ですね。

お久しぶりです。昨日スタッドレスタイヤに履き替えました研修医2号です。

スバルに替えてもらいに行ったんですけど、担当の整備士さんが救急外来で縫合処置をさせてもらった人でした。

タイトルに書いてある通りアメリカ帰りです。  どうも。

先月、富山市との姉妹都市である、アメリカ・ノースカロライナ州ダーラム市に行ってきました。

何をしてきたかと言いますと、Duke大学でFamily Medicineを学んできました。

Family Medicineとは家庭医学のことでいわゆるかかりつけ医ってやつですね。

アメリカでは日本と違って、よっぽどのことがない限りまず自分のかかりつけ医(ホームドクター)に診てもらうという習慣が根付いています。日本にももう少し根付いてくれたらなんて思ったりしますが、僕も含めてほとんどの人にあまり根付いてなかったことなんでなかなか難しいと思います。

アメリカでは、Family Medicineが専門医の一つとして確立してきています(もちろんアメリカでもまだまだ新しい分野なのですが)。日本でも少しずつ機運は出てきているかなという感じでしょうか。

真面目そうな話はここまでにしておいて、、、

向こうではバスケットボールを見てきました。ただNBAが見たかったんですが、労使交渉でもめているようで開催されてませんでした。そのかわり大学バスケットを見てきました。大学のバスケットでもマスコットキャラクターやチアガールもいて本格的な感じでした。チケットも結構なお値段で。それでも見る価値のあるものやなと思いました。

ほかにもいろいろなところに連れて行ってもらったりして、ダーラム市の人たちには本当によくしてもらいました。また行きたいどころかこのまま残りたいな〜って思ったりもしてました。まあお客さんで行ってたからだというのもあるでしょうが、楽しかったです。

正直、今回の経験で得たものが自分の中でどのように消化されていくのかが大切なんだと思いますが、それまた難しそうで忘れてしまわないうちに少しでも自分の中に取り込んでおかないとあかんな〜と思いつつな日々を過ごしてしまってます。

日本に帰ってきてからは外科をローテートしています。その前は救急であったので病棟業務をだいぶ忘れてしまっていました。いろいろな手術に入らせてもらって本当に勉強勉強の日々です。正直しんどいんですけど楽しいんですよね。どちらかというとSなんで自分をいじめるのは嫌なんですが不思議です。新しい自分との出会いなんでしょうか。

人は簡単には変わらないとよく言いますが、そんなことはないと思います。なにか少しのきっかけさえあればがらりと変わる(変える)ことができるのです。そうじゃないと今頃僕は医者になってないですから・・・

今回もアメリカの話はそこそこに何が言いたいのかわからないブログになってしまっていますが、みなさんこれからも僕たちをよろしくお願いします。

年末年始は京都に帰省して、少しは親孝行しようとしている2号(いい子でしょ)でした。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:06 | 研修医の広場 | コメント(0)

前回は硬すぎと言われたので、今回は普通で

2011年10月14日

今月で19ヶ月になる6号です。

ここで新しい研修医がキタ━(゚∀゚)━!

一言で言うと背が高くて、イケメンで、大人しくて、勉強家で、年下のくせに結婚まで、はぁ・・・立派だなぁ・・・って人です。

そんな研修医を迎えてあと半年頑張ります。

で、僕はと言うと今インターネットにはまってます。

しかし、あんまりネットの世界にいると、働いたら負けかなと思ってしまうので注意しましょう。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 17:05 | 研修医の広場 | コメント(0)

ありがとうございました!

2011年9月27日

今月いっぱいでこちらでの研修を終えることとなる5号です。

思えば、この半年間は本当に楽しくてあっという間で、ここを去るのが悲しい。。。

指導熱心な先生方と、優しいスタッフの皆様に囲まれて、本当に幸せな毎日でした。

ありがとうございました!

 

さて。

私の研修を語るにあたり欠かせないのが、1号から6号までいる研修医仲間たち。

いつも励まし合い、支え合い、アホなことで盛り上がり、誕生会も(今のところ)欠かさずやって。。。

出身地も大学もバラバラだけど本当に仲が良くて、半年間楽しく過ごせたのは研修医のみんなのおかげです。

このブログの読者の皆様は、1号から6号までいるのは分かるけどどんな人なんやろ??って思ってると思います。(一部ご存じの方もいらっしゃると思いますが。)

そこで、みんなへの感謝の意を込めて、みんな他己紹介(?)をもって私の最後のブログにしようと思います。

まず1号。明るくて元気な女医さんです。でも、かわいい顔して時々毒を吐きます(笑)何度驚かされたことか。。。しかし、それはふだん一生懸命仕事を頑張っていて、常に周囲に気配りをする彼女ならではのデトックスなのです。というわけで、温かい目で見守ってあげてください。意外と繊細なので、特に殿方は大事にしてあげるように!

2号は笑顔の素敵なラガーマン。身体が大きいので最初は怖い人かと思ったけど。。。目が優しいです、ホントに。この病院で流暢な関西弁を話す人は彼以外に思いつきません。実は、お土産配りが大好きだったり(いつもありがとう!)、桃が大好きという意外な一面も。。。器用だから、きっと素晴らしい外科医になると思います!

3号はクールなナイスガイ☆とーってもまじめで、とーっても気遣いのできる人です。最初はまじめ過ぎて心配したけど、最近は遊びも覚えた。。。かな?(笑)でも最近、実はとっても面白い人だということに気づきました。次回こそごはん行きましょう!ブログためないようにね(笑)そして、冷蔵庫のオレンジはいつ食べるんだ。。。

4号はとっても黒メガネのにあうまじめな青年です。そして優しい。私が体調不良で休んだ時によく声をかけてくれましたね、ありがとう。その優しさのためか、とあるところの人たちから人気があるとか。。。(笑)あと、梨をおいしそうに食べる姿が印象的でした。また食べようね!そしてやすパーが大好きな人です。

6号は唯一の同期。私は彼が怒っているところを見たことがないです。なんかいつもおっとりしてます。でも、向かいの席からたまに謎の笑い声が。。。一体何を見ているのでしょう??(もちろん勤務時間外ですよ!!)病院の中では先輩なので、いろいろ教えてもらって本当に助かりました!ありがとうございました。

 

10月からは新しい研修医の先生もみえるそうです。私の代わりに5号になるのか、5号は永久欠番で7号になるのか。。。そこはまだ量り知れませんが、このメンバーならきっと仲良くやっていくでしょう!!!

 

というわけで、最後になりましたが本当にありがとうございました。

またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 11:38 | 研修医の広場 | コメント(1) | トラックバック(0)

ある1日を紹介します。

2011年9月16日

セミの声も少なくなりましたが残暑の厳しい今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は研修医のある1日を紹介したいと思います。

朝5時起床。暑いからか目覚ましをかけてもないのにこんな時間に目が覚める。

6時半病院へ。まだ先輩の先生方は来られていないだろう。と思っていると某先生のスリッパの音が...。

7時半病棟へ。患者さんが元気そうにされているとほっとする。

8時半。救急当番。どんな患者さんが来るのかドキドキするけど、とても学ぶことが多いです。

13時半。気管支鏡へ。

15時半。再び病棟へ。患者さんの元気そうな様子を見て心がほっくりする。

17時。上の先生と合流。患者さんについて話し合う。ものすごくいろいろなことを熱心に教えていただけるので本当に感謝してます。

19時。やすパーへ。

ある比較的忙しい一日を紹介しました。

このように毎日がとっても充実して、勉強できています!!毎日みなさんに感謝しています!

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:36 | 研修医の広場

早くブログを書けと言われつつも・・・

2011年8月19日

日々の忙しさに更新が大変滞ってしまいました。

 

副院長先生はじめ少なからず楽しみにしていただいた方々、富山市民病院を受験しようと考えている医学生の方々・・・ヘコミやすい私に対し怒りのトーンをなんとか隠しながら優しく早くしてね(^o^)と遅筆を叱咤いただいた経営管理課のN様・・・

ごめんなさいm(__)m

遅くなったのはおそらく2号の無茶ぶりに真面目な私が当惑したせいかと思いますので、責めるのなら2号を責めてみてください。

なお、次は研修医室のエンターテイナー、最近メガネが壊れて裸眼の研修医がメガネに掛けた面白い事を言ってくれると思います。皆様お待ちください。

 

ここ最近は救急を頑張っていた感があるのでそれについて。

実は4月の頭から自分が関与した患者様を年齢、主訴、救急での診断を大学ノートにメモっていました(匿名で)

救急部での研修はまだ1か月、輪番に入り始めたのは6月からですが、おおよそ130名の症例を経験できました。めまい、頭痛、胸痛、腹痛、嘔気・嘔吐その他もろもろの訴え、救急搬送かwalkinまたは他院からの紹介などとばらばら、重篤さもまちまちと実に多彩でした。救急診療の難しさ奥深さを実感する日々ですが、指導医の先生方には熱い指導を、救急部看護師の方々には優しい気遣いをいただいており、大変勉強になっています。

感謝の思いです。

この場を借りて、今後ともお願いします。

 

さて、面白い事に関しては、次の4号が挽回してくれると思います。

では!


投稿者:富山市立 富山市民病院at 19:02 | 研修医の広場

2号再びです。。。

2011年7月18日

北陸地方も梅雨明けしまして暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の梅雨明けが早かったのは、晴れ男の僕が関西からやってきたからだという噂を流してみたいと思いますw

というわけで、何か屋外でイベント事をするときは声をかけてみてください。天気予報を覆すこともあるとかないとか。。。

え〜、現在は、内分泌・代謝内科にお世話になっていまして、糖尿病の患者さんを主にみさせていただいてます。

平日は毎日、糖尿病教室というものが開かれていて、糖尿病についていろんな人が優しく教えてくれる時間があります。知識の再確認も含め、僕もそこで患者さんと一緒にお勉強してます。

少人数での勉強ももちろん効率がいいんですが、たまには人数が多い方が楽しいので、興味のある方はぜひ昼過ぎに集団指導室というところをのぞきに来てみてください。

そして、午前中の総合内科外来は火曜日と金曜日を担当しています。

僕に会いたい人は、ぜひ来てください。(ウソです)  病気やケガでもしない限り、病院なんて来るもんじゃありません。病院なんて縁がないにこしたことはないのです。

でも、健康診断はちゃんと受けてくださいね♪

(来いと言ったり来るなと言ったりどっちやねんですね)

ちなみに、この連休は東京に行ってきました。東京は節電でところどころエスカレーターが止まってたりしてました。でも東京駅の動く歩道は動いているという???電力供給元が違うのでしょうか???よくわかりません。

遊びに行ったのではなく、レジナビ東京という病院の合同説明会に富山市民病院も出展してきたのです。新しい仲間を求めて医学生相手にいわゆるリクルート活動をしてきました!!!

 20人近くの学生が市民病院のブースまで話を聞きに来てくれました。その中の何人が将来市民病院で研修を受けるのでしょうか?不安と期待がいっぱいってやつですね。

8月1日の花火大会をみんなで見に行きたいな〜と言いはじめてみました!(^^)!

相変わらず話があっちこっちに飛んじゃいましたね。

次はとても面白い3号です!!!どんな面白いブログを書いてくれるのでしょうか?楽しみですね。と無茶ぶりをしてみます。よろしく3号(^.^)/~~~

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 19:12 | 研修医の広場 | コメント(0)

2周目だよ!!

2011年7月13日

あっという間にもう7月。

それではわたくしのある一週間をご説明しましょう。

月曜日。

循環器の某先生は超早起きなため、負けじと5時50分におきてみる。しかし、いまだに勝てたことはない。

午後からは救急に。前の呼吸器の先生も月曜は救急当番なのでいらっしゃる。お話をすると、なんとなく懐かしく、そして、数日前まで先生についていたことが過去のことになってしまった感覚に切なくなる。

 

火曜日。

午前、総合内科初診and午後カテで疲れはてる。

残念ながら、夕方のMEさんのお話はあまりよく聞いてなくて、諸先生方の後頭部ばかりを観察していた。

 

水曜日。

カテ先を進めさせてもらえた!!

循環器も楽しいな!!って一瞬だけ思った。

 

木曜日。

夕方。患者さん看取りのため一晩付き添う。

朝、「いいにおいがするね」「かわいいね」とほめてくれた。お見送りは初めての体験で、色々と考えさせられた。

 

金曜日。

午前救急にて。

色々くじけそうになって泣きそうになるが、そういう時に限って、すたすたと音をたてて助けにきてくれる。最近足音に敏感になった。

 

土曜日。

今日は休むぞ!!と決意をしたが、緊急カテが入り、携帯に直接お電話をいただく。

病院をでたのは、夕方で、せみが鳴いているのに気づく。すっかりつゆも明け、夏になっていた。

日曜日。

緊急カテの患者さんの3時間おきの心電図を読みにいく。少しは心電図に自信がついたような気がした。

最近食欲が増えてきて、間食か主食かわからないくらい何かを食べてしまっていて、左どなりの研修医に、ダイエット中じゃなかったっけ?と指摘される。

 

夏だから、海に行ったり、花火したりしたいね!!と左前の研修医にいったところ、「いつかね!!」とさわやかな愛想笑いをもらった。

 

きっといつか実現させてみます!!今年はわからないけど。

来年夏には、富山市民病院の研修医で、一緒に楽しいイベントをやりましょうね!!だからぜひきてくださいね!!


投稿者:富山市立 富山市民病院at 12:37 | 研修医の広場

研修医6号です。

2011年7月7日
6番目Σ( ゜Д゜)

富山市民病院で研修2年目になります。


ベテランの先生方は珍しい疾患に興味をもつでしょうが、研修医にとってはどんな疾患であっても全てが新しい事です。

そして、自分の専門以外の多くの科を回る研修医制度で学ぶべき事は、緊急性のある疾患と、よくある疾患だと思います。

富山市民病院は、この二つをしっかり研修できる病院です。もちろん、稀な疾患も何度か遭遇します。その時は情報を得るための論文の検索から信憑性の見方、専門医への相談や対診依頼など、自分でどの様な疾患でも対処できるようにと指導してもらえます。

今は「地域医療」として、八尾総合病院にて研修をしています。 1日目で何も解らない状況ですが、病院の特色を体験し勉強していきたいです。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 09:44 | 研修医の広場 | コメント(2)

気仙沼市に医療支援活動に行ってまいりました!!!

2011年6月28日

研修医5号です(^^)v

私は、富山大学から半年間、富山市民病院で研修するためにやってきました。日々熱心な先生方と優しいスタッフの皆様に支えられながら、充実した研修を送っています。研修医は1号から6号までいますが、みな個性的で時には(?)まじめで、刺激的な楽しい日々を送っています。何よりみんなが仲良しなのがいいですね◎

今回は私の番、ということで。。。随分前の話になりますが、富山大学の医療チームの一員として気仙沼市に行ってまいりました。震災から一カ月以上経ち、思っていたよりがれきは撤去されておりライフラインも復旧していましたが、まだまだ震災前の生活には程遠い感じがしました。私たちのチームは、K-WAVEという気仙沼市最大の避難所内の診療所で活動してまいりましたが、このころになると避難所は被災者によって作られた町のような感じになっており、私たちが風邪をひいたときに町医者にかかるのと同じような感じで、避難所の方々が私たちの診療所に来ていました。

その後、特例ではあったのですが、私たちのチームから私ともう一人の医師が本吉病院という気仙沼市の病院に派遣されました。本吉病院は、すでにメディアにも取り上げられているので御存じの方もいらっしゃると思いますが、震災で建物の一階部分が流された病院を、病院スタッフや地元の方々がきれいにして再び診療を開始した奇跡的な病院でもあります。こちらには震災直後からTMATという徳州会病院のチームが支援に入っていたのですが、震災前から医療過疎地であったこの地区唯一の病院ということで、とても忙しく人手が足りないということで私たちも支援させていただいたのでした。ここで感じたのは、自身も被災者でありながら熱心に仕事を続けているスタッフの皆様の優しさや強さでした。支援にいった私たちが、かえって励まされてきた、そんな感じです。また、気仙沼で一緒に活動した、気仙沼市および全国から集まったスタッフの方々とも交流できたのは一生の財産です。こういう時だからこそ、みんなで力を合わせなくてはならないと思いました。とにかく、大学だとか病院の派閥だとか職種とか、そんなものは関係なく力を合わせることができたのが良い経験でした。今でもその時知り合った方々と連絡を取り合ったりして情報交換などをしています。

震災から3カ月が経ち、震災が徐々に過去のことになりつつありますが、この震災の被害はとても大きく数年で復興するものではない、と、実際に被災地に行ってみて感じました。私たちにできることは、この震災のことを忘れないこと、そして、ちょっとしたことでもいいから自分にできることをやること、ではないかと思います。ちなみに私は節電中です。あと、機会があれば、気仙沼での経験を発表させていただいております。7月末には院内報告会でも発表予定ですので、興味のある方はよろしくお願いします!

そして何より、今回の支援の参加を快く承諾してくださった富山市民病院の先生方やスタッフの方々、応援メッセージをくれた研修医仲間には本当に感謝しております。こんな感じで、富山市民病院はあたたかいところなんです(*^_^*)

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 16:08 | 研修医の広場 | コメント(2) | トラックバック(0)

ブログ4番手です。

2011年6月23日

研修生活をはじめて気づけばもう2か月半も経ってしまいました。毎日の中身が非常に濃密で、あっという間だったような気がします。

そんな2か月半の中で個人的にビッグイベントがありました。それは、学会発表という大役を任せられたことです

準備はおよそ1か月前からはじまりました。まずスライド作りから始まったのですが、パワーポイントに慣れていないので何をどうやって動かせばいいか全くわからず、夜遅くまでパソコンとにらめっこしていました

スライドと原稿を先生方に何度も何度も添削していただき、本当にいろいろな先輩の先生方にお世話になりながら、なんとか苦心の末に完成することが出来ました。

原稿も30回くらい読み込み、いい仕上がりをみせていたと思っていました。

迎えた当日もう緊張しっぱなしでした。本番となり、緊張のあまり原稿しか目に入らなくなっており、必死で原稿を読んでいました。

読み進めていくと、観客の先生方がざわつき始め、何だろうと思ってスライドを見てみたら、読んでいる原稿とは全く違うスライドになっていましたもう頭はパニックです。後のことはあまり覚えていません...

終わった後ももう自分が情けないのと、お世話になった先生方への申し訳なさとでいっぱいでした。

でも周りの先生方は精一杯の励ましと、フォローとしていただいて、本当に嬉しかったです。

そんな素晴らしく、優しく、研修医の指導に熱い先生方が沢山おられるので、充実した研修生活を送ることが出来ています。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:48 | 研修医の広場

研修医3号です

2011年6月22日

はじめまして。 

澄み渡った富山の空を見上げ、徒歩30秒の病院官舎から出勤する日々が始まりました。

朝日のまぶしさがたまりません。

 

4月から麻酔科、神経内科、代謝内科とローテしていて非常に忙しい。

学生実習とどう違うのだろう…といえば、個人的にはプランを考える所が大きいように感じている。自ら問診所見をとりアセスメントする所までは共通しているが、その後にどんな検査オーダーを出すのか、どんな治療をするのか、まで考える事は今までにない。その他にメインプロブレムとは別に患者さんの便秘や不眠、ものもらいなど細かい訴えに対して対処したり、安静度はどうしよう、食事・トイレはどうか、患者さんの家庭状況、食生活、運動状況等非常に多種多様な問題について考えたりする。

手技ができる点もひとつ楽しい所ではないかと思う。麻酔科ではバッグ換気、気管挿管、腰椎穿刺と毎日数多く経験できる。患者さんごとの挿管の難易度の違いを実感したり、モニターだけではなくバッグや自らの五感を使ったモニタリングも指導医の先生に丁寧に教えていただき感謝している。

糖尿病の食事運動療法のほかにも、専門医の先生の下で、経口薬やインスリンの使い分け、血糖コントロールなど詳しく勉強できている。現在は研修医室で夜な夜な処方内容について考え、教科書を引っ張りまわすのに没頭中だ。

 

簡単ですが、研修が始まっての2か月半はこんな感じです。

先生方はとても熱心に指導して下さいます。

是非一度見学に来てください!


投稿者:富山市立 富山市民病院at 11:02 | 研修医の広場

ブログ2番手です。

2011年6月6日

みなさんこんにちは

梅雨入り前に暑くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか

私は、すでに暑さにやられてしまいそうです。。。

関西から富山に来てはや2ヶ月が経ちました。

北陸地方出身の大学の同級生から、「北陸の人はいい人ばっかりやで」と聞いてましたが、

右も左もわからない私にみなさん優しくしてくださり、ホンマにその通りやなと実感しています。

 

私は、4月に呼吸器・血管外科、5月6月に小児科をローテートしています。

ですので、前回の投稿にある内科カンファなるもので発表したことがありません。

同期が発表のたびに大きくなっていっていくのをただ指をくわえて見ています。

多少の焦りはありますが、小さい頃なにかをねだった時に親に言われてきた

「よそはよそ、うちはうち」の気持ちで頑張っていきたいと思います

 

そして、小児科を回っていて1番思うのは、やっぱり子どもはかわいいな〜ということです。

なんかわからへんのですが、和んでしまいます

 

話が少しあっちこっちいってしまって何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、

人として医師として少しでも成長するのと同じく、

はやく富山の人と間違われるくらい富山になじむことができればと思います。

市民病院で研修医を見かけたら、気軽に声をかけてみてください。

よろしくお願いします。

 

富山生まれ関西育ちの研修医より

 

 


投稿者:富山市立 富山市民病院at 17:27 | 研修医の広場

研修医ブログはーじまるよー!

2011年6月4日

ということで!!

富山市民病院の研修医ブログのスタートです!!

研修医になってはや2ヶ月…。

やっぱり疲れますよね!

おうちに帰っても、なにもせずに寝てしまいます。。。。

わたし達のやっていることといえば!!

とりあえず、朝行って、先生に色々教えていただき、そして、内科カンファでちゃんと発表できるように、一生懸命準備するくらいです。

あとは手技に失敗し、皆様の、足をひっぱり…。

こんなわたし達研修医にしか出来ない仕事って何でしょう?

 

 

それは、来年度の研修医を集めることなんです!!!

このブログをはじめたのだって、来年度研修医さんに来てもらうという理由がほとんどなんです!!

だって、いまどき、facebookやツイッターなんかが流行っているらしいのにさ。

だから是非、お願いします!!!

このブログを発見した世界中のみなさん!!

お友達に是非、このブログを教えてあげてください!!

そして医学部6年生なら、一度見学にいらしてください!!

http://www.tch.toyama.toyama.jp/iryoukankei_no_minasama/rinsyou_info/kouki_kengaku_zissyuu.html

これからもどんどん更新していきますよ!!お楽しみに!!


投稿者:富山市立 富山市民病院at 11:58 | 研修医の広場

『研修医の広場』を開設

2011年5月28日

 

いまいずみ通信に、『研修医の広場』を新たに開設しました。

当院の研修医が「日々の研修・取り組み」など、様々なことをブログに更新していきます。

乞うご期待。


投稿者:富山市立 富山市民病院at 14:17 | 研修医の広場 | コメント(0)

|1/1ページ