<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

病院長からのメッセージ「富山市民病院ホームページの改訂」

2010年02月17日

 

富山市民病院ホームページの改訂

 

 

 

院長ブログ 医師法では、医療は営利のために行ってはならないという規定があり、そのために、詳しい医療機関での診療内容などを広く皆さんにお知らせすることについては規制されています。従って、医療機関などについては、病院や診療所名や、診療科などの情報を看板などの媒体でお知らせすることしか出来ません。広く、治療成績やその診療内容を知っていただくことで、皆さんが病院などを利用する際の参考になればと思いますが、このような事情にてお知らせすることができません。ただし、ホームページでは、このような規制はなく、ホームページを媒体として多くの医療に関する情報をお知らせすることが出来ます。

 

 

 富山市民病院はホームページを公開しています。インターネットの検索機能をご利用いただき富山市民病院と入力することで、当院のホームページをしらべることが出来ます。あるいは、インタ―ネットのアドレスにhttp://www.tch.toyama.toyama.jp/と打ち込んでいただいて移動していただくだけで容易に富山市民病院のホームページをご覧になることが出来ます。

 

 

 富山市民病院のホームページは、平成124月に開設されました。その後、平成15年には、内容を新しくする改訂を行っています。その中では、医療費のシミュレーションや各診療科の治療成績などを掲載することを始めています。しかし、文字が多いことや、文字が小さくて読みにくいなどのご意見をいただくことがあり、今回、全面的にホームページをリニューアルいたしました。

 今回のリニューアルの大きな特徴は、これまでの赤を主体とした基調から白地に緑をくわえた優しい色調とし、見やすくするためにシンプルで柔らかいデザインとしたことです。お知らせ欄は広く見やすくしました。また、病院が持つ医療機能を皆さんにわかりやすくお知らせするように工夫してあります。富山市民病院は、富山県で初めて「地域医療支援病院」となりました。その他、「地域がん診療連携拠点病院」や「臨床研修病院」です。ホームページの最初のページからこれらの情報をお知りいただけるように工夫いたしました。

 

 その他、今回のリニューアルで工夫した部分についてお知らせいたします。

 

     富山市民病院が、医療連携を行っている地域の診療所や病院などの情報をご紹介しています。このページを開けていただきますと、皆さんのお住まいに近い医療機関を知ることが出来ます。グーグルマップを利用することで、視覚的にもわかりやすく致しました。また、お知りになりたい病院や診療所などがホームページを開設している場合には、その情報も見ていただくことが出来ます。

 

     「いまいずみ通信」と名づけました病院のブログをご覧下さい。病院内で行われた行事や出来事を、日記風にニュースレターとして綴ってゆくものです。この中では、肩の凝らないエッセイやコラムなど、診療風景の裏側やニュースにはならない出来事が綴られています。このメッセージも早速ブログに載ることになると思います。リアルタイムな病院の情報源としてご利用いただきたいと思います。

 

     診療実績を是非、ご覧下さい。診療各科案内を開いていただきますと、各診療科の診療実績が掲載されています。どのような検査や治療が行われているのかなどの情報が掲載されています。とくに、当院はがん診療連携拠点病院であることから、外科・乳腺外科・呼吸器血管外科では、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がんの5年生存率などの治療成績が掲載されています。これらの内容は、病院内におかれています「診療科案内」にも掲載されていますのでご覧下さい。

 

     病院は、市民の皆様むけの「きよら」と、地域医療機関向けの「れんけいと支援」という情報誌を発行しています。これらの内容につきましては、広報誌の部分を開けていただくことでご覧いただけます。その他、病院2階で定期的に開催されています「ふれあいギャラリー」の情報もご覧いただけます。大変素晴らしい作品が展示されています。

このように、病院のホームページでは、多くの情報をお知らせすることが出来ます。

 

インターネットの操作に不慣れな方もいらっしゃるかと思いますが、当院の2階にて開かれています「さんぽ図書室」には、コンピューターが1台置かれています。ご利用ください。これからも、病院のことのみならず、医療に関します最新の話題などについて、正確に、そして楽しく、わかりやすくお知らせしてまいります。

投稿者:富山市立 富山市民病院at 09:24| 病院長のブログ