<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

「人体を知ろう」富山市科学博物館・富山市民病院連携イベント(その2)

2011年08月01日

「人体を知ろう」の午後からの部は、市民病院で実際に医療器具を用いての診療体験です。

 手術室では、電気メスを使って実際に食肉を切ったり、縫合セットを用いて縫合の体験をしました。

電気メスでは電流によって皮膚を焼き切っています。切られた部分が瞬時に焼けるので普通のメスと比べて出血を抑えて手術をする事が可能だそうです。

みんな一生懸命に手術していました。あっという間の25分間でしたね。

 人体を知ろう(手術室1)人体を知ろう(手術室2)

検査室では、心電図検査、心臓エコー検査、AEDを体験しました。

実際に端子を手足につけて心電図の記録をしたり、自分の心臓の動きを観察しました。

また、人体模型を使って心臓マッサージとAEDの使用方法を学びました。

いざという時はAEDを使って助けてあげてくださいね。

人体を知ろう(心電図)人体を知ろう(AED)

 

投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:56| トピックス