<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

出前講座に行ってきました

2011年12月28日

富山看護協会では、県などの委託を受け看護普及推進事業というものを行って月中いるそうです。

 

実際に行なった会場は視聴覚室でした

今回、年末を前にした12月19日、富山市立月岡中学校において出前講座を行ってきました。内容は、看護師の仕事の内容や看護師の魅力、やりがい、病院の施設の説明や、医療機器などをスライドを使ってお話しをさせていただいてきました。また、AED(自動体外式除細動器)を実際に用いて、心肺蘇生の体験などもしいていただきました

今回の対象は中学1年生52人が対象でしたが、実際に中高生に講義をする機械のない私たちですが、生徒の皆さんは興味を持って受講してくれました。最後には、質問などもされ、看護師の仕事について興味を持っていることを知り、月中嬉しく思いました

 

←心肺蘇生やAEDを実際に体験しています

 

これからもこのような機会を設けることで、ひとりでも多くの方に看護師、病院のことを伝えていけらばいいなあと思います

 

 

投稿者:富山市立 富山市民病院at 02:07| 看護部からのお知らせ