<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

れんけいと支援5月号発行しました

2014年06月04日

5月篠崎佳子さん 
       絵: 病院ボランティア  篠崎 佳子さん

 

      れんけいと支援は、

       地域医療機関や施設の皆様を対象とした広報誌です

   

        新年度の院長挨拶 〜病院長 石田 陽一〜

 

      研修・講演会・勉強会のご案内

    

      開放型病床症例検討会報告

       ・神経内科より「インフルエンザ脳症」の一例

         ・外科より「腹腔内出血を契機に発見された低悪性度脾血管肉腫」

                                                    の一例

          ・ミニレクチャー

           形成外科より「難治性潰瘍に対する局所陰圧閉塞療法」

           が行われました。

    

       外来部門紹介  〜 健康管理科 〜

       医師1名、看護師4名、医療事務3名、保健予防医学担当専門官1名で

       各種健康診断、ワクチン接種、人間ドックを行っています。

        当科では、一昨年より富山市内初となる、血液で胃がん、大腸がん、

       胆道がん、すい臓がんを検出する“マイクロアレイ検査”を開始しました。

      わずか5mlの血液を採取するだけで、面倒な食事制限もなくがんなどの異物

      に対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。

        一つのドックだけですべての異常を見つけることはできません。どんなドックを受 

       けたらいいのか、どんな検査を受けたらいいのか、迷った時はお気軽にスタッフま

      でご相談ください。

      予防は最大の治療です。一年に一回は健康診断を受けましょう。我々職員は、皆様

      の健康を笑顔でサポートいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:富山市立 富山市民病院at 12:39| れんけいと支援発行のお知らせ