<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

れんけいと支援8月号発行しました

2016年09月05日

 

 

        れんけいと支援は、
          地域医療機関や施設を対象とした広報誌です 
 

        

           診療科紹介 ・・・ 内分泌代謝内科

           研修・講演・勉強会のご案内

        

           特集 『緩和ケア内科

           〜その人らしい穏やかな時間を“いきる”支えになりたい〜 』

                緩和ケア病棟は開床から8年目。

              「最終療養場所」としてだけでなく、地域の「緩和後方支援病床」

              として、患者様の要望を丁寧にうかがいながら地域の診療所、

              訪問看護ステーションや介護に携わる他職種と連携をとり、在

              宅療養を支援します。

        

           院内の専門職員の紹介 

            糖尿病看護認定看護師 金盛 佐紀子

         糖尿病は慢性疾患であるため、糖尿病患者を生活者(糖尿病を持ち

           ながら生活する人)としてとらえ、合併症の発症や進行を阻止し、そ

           の人らしく健やかな生活を継続できるよう。生涯続くセルフケアや療

           養生活を支援することを目的としています。

日本糖尿病療養指導士の資格を持つスタッフや他職種と協働し、チ

ーム医療として患者様を支援し、協力・相談を行いながら、糖尿病看

の質の向上を目指しています。

 

病院ボランティア 篠崎佳子さん

 

 

 

 

 

 

 絵)病院ボランティア 篠崎佳子さん

投稿者:富山市立 富山市民病院at 12:47| れんけいと支援発行のお知らせ