<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>

れんけいと支援12月号発行しました

2018年01月05日

 

 

 

      れんけいと支援は

          地域医療機関や施設を対象とした広報誌です 

 

     

*         診療科紹介 ・・・内視鏡内科                             

  研修・講演・勉強会のご案内

     「年末拡大版 地域連携・開放型病床症例検討会」 報告

        ・循環器内科・・・「急性心筋梗塞治療」ミニレクチャー

        ・呼吸器外科・・・「局所進行肺癌に対する肺機能を温存し

                                      拡大手術」ミニレクチャー

        ・放射線診断科・・・「胸部異常陰影にて紹介された若年者縦隔悪

                                          性リンパ腫の1例」

        ・脳神経外科・・・「前頭蓋底硬膜動静脈瘻の1例」

 

   ☆   院内職員の紹介

                  特定非営利活動法人

                      日本乳がん検診精度管理中央機構 

                      検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師   

                              南 久美

   近年、乳がんは12人に1人罹る癌といわれています。早期発

 見、早期治療をするためにはマンモグラフィ検診を受けることが

重要になっています。特に初期の癌の特徴の一つである石灰化

を指摘できるのはマンモグラフィの強みとも言えます。当院では 

マンモグラフィ撮影は、女性技師が担当しています。検診マンモ

グラフィ撮影診療放射線技師の認定を取得している技師は6人い

ます。この認定を取得している技師は、診断の精度を一定に保つ

ため、撮影技術の研鑚や読影技術の習得、撮影装置の品質管理

などしています。そして乳がん検診の精度を高めることにより、乳

がんによる死亡率減少効果を高め、また患者さんの健康生活の

延長に貢献できることを目的として日々活動しています。

 今後ともより精度の高い検査を提供できるよう活動していきます

ので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

病院ボランティア12月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 絵)病院ボランティア 篠崎 佳子さん

投稿者:富山市立 富山市民病院at 15:49| トピックス