研修会の報告
 
  平成17年度 第3回富山地域リハビリテーション研修会
 
 
 

日 時

平成 17 年 11 月 17 日 ( 木 ) 17 : 00 〜 19 : 00
場 所
富山市民病院 3 階講堂
内 容
17 : 00 〜 17 : 30  講義及び実技   「排痰法」
  講師 富山市民病院リハビリテーション科
  理学療法士 滝田 正樹
  17 : 30 〜 19 : 00  講義 「摂食・嚥下障害への対応 −広域医療圏で何ができるか−」 
  講師  八尾総合病院リハビリテーション科
  言語聴覚士 鈴木 正浩 先生
参加者
97 名( 48 機関)
  看護職 25 名・介護職 20 名・ケアマネジャー 8 名・保健師 6 名・相談員 5 名
  言語聴覚士 5 名・医師 3 名・作業療法士 3 名・管理職 3 名・ソーシャルワーカー 2 名

 

歯科医師 1 名・理学療法士 1 名・社会福祉士 1 名・学生 3 名・その他 11 名
 
 
 

研修終了後アンケート結果(69名回収)

 
 
 
?「排痰法」の講義に関して
 
非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった
24人
37人
2人
0人
0人
 
意見・感想
  ・専門的な内容で難しかったが実技があったのでわかりやすかった
  実際に自分でも実技をしてみたかった
  ・これまで知っていた方法とは違った新しい方法を知ることができた
  ・現場で実際に行なえるか不安
   
   
 
?「摂食・嚥下障害への対応−広域医療圏で何ができるか−」の講義に関して
 
非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった
33人
26人
4人
0人
0人
 
意見・感想
  ・とても参考になった
  VEやVFの画像がわかりやすく興味深かった
  ・トロミ剤の使用法や嚥下しやすい形状を勘違いしていたことに気づいた
  ・嚥下訓練の具体例も知りたい
  ・嚥下外来をされているのを初めて知った
   
 
?今後の研修会に希望される内容・項目
  ・褥瘡への対応
  呼吸リハビリ
  ・ポジショニング