研修会の報告
   
  平成18年度 第2回富山地域リハビリテーション研修会
   
 

日 時

平成 18 年 11 月 16 日 ( 木 ) 17 : 30 〜 19 : 00
場 所
富山市民病院 3 階講堂
内 容 「高次脳機能障害の方との接し方」
講 師
富山県高志リハビリテーション病院 総合リハビリテーション療法部
  作業療法科主任 桐山 由利子 作業療法士
参加者
106 名( 66 機関)
  看護職 24 名・介護職 22 名・ケアマネジャー 10 名・相談員 9 名・作業療法士 10 名
  理学療法士 4 名・言語聴覚士 2 名・保健師 3 名・社会福祉士 7 名・管理職 3 名

 

柔道整復師 2 名・その他 10 名
 
 
 

研修終了後アンケート結果(79名回収)

 
非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった
7人
48人
15人
3人
3人
     
 
意見・感想
  ・分かりやすい講義で勉強になった。
  具体的な方法を知ることができてよかった。
  ・専門職(PT,OT,ST)以外の方でも高次脳機能障害について知ることが出来る良い機会になった。
  ・実際の映像や事例など交えた具体的な話があればよかった。
  ・多様な症状があり一度聞いただけでは難しすぎる。
  ・コミュニケーションのとり方等、部分的にもっと詳しく知りたかった。
  ・資料を読むだけが多かった。
  ・専門用語が多くわかりにくかった。
   
 
 
  今後の研修会に希望される内容・項目
  ・認知症について(接し方、リハビリ、予防)
  引きこもり、うつの方の対応、接し方について
  ・在宅ケアで必要な皮膚科知識
  ・施設における各種障害者へのリハビリの仕方について
  ・在宅におけるリハビリ技術的、知識向上になるような研修
  ・車椅子シーティングについて
  ・言語障害のコミュニケーションのとり方
  ・難病について
  ・腰部脊柱管狭窄症の方のリハビリ(介護)について
  ・パーキンソン、リウマチのリハビリについて