研修会の報告
   
  平成20年度 第1回富山地域リハビリテーション研修会
   
 

日 時

平成 20 年 6 月 4 日 ( 水 ) 17 : 30 〜 19 : 00
場 所
富山市民病院 3 階講堂
内 容
「認知症に対する作業療法」
  講師 富山医療福祉専門学校 作業療法学科
  高村 敏廣 作業療法士
参加者
192 名( 85 機関)
  介護職 52 名・看護職 34 名・作業療法士 20 名・介護福祉士 16 名・ケアマネジャー 14 名
  理学療法士 13 名・ホームヘルパー 10 名・相談員 9 名・保健師 5 名

 

社会福祉士 3 名・その他 16 名
 
 
 

研修終了後アンケート結果(140名回収)

 
非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった
52人
74人
11人
1人
0人
     
 
意見・感想
 
  ・認知症高齢者を否定せず、介護者がアイディアを出して印象付けを行うことが大切だと知りました。現場での事例にあてはめて考えてみようと思いました。
  体験を実感する、印象付けるということが認知症高齢者に有効だとわかった。
  ・具体的な場面での対応の仕方や実際に朗読をしてもらい、どのような効果があるのか等とても分かりやすく勉強になりました。
  ・認知症の方との関係作りを今までにはこの様にして学んだことはなく、今日の先生の話は本当に認知症の方に関わっていく時に役立つと思います。ありがとうございました。
    
  
  今後の研修会に希望される内容・項目
  ・作業・レクリエーションの紹介
  ・褥瘡の処置法
  ・閉じこもりへのアプローチ
  ・化粧療法について
  ・福祉用具について
  ・音楽療法、回想療法
  ・片麻痺患者の精神面での対応
  ・地域リハビリ(高齢者)の取り組み方、有効性について
  ・家庭で簡単にできる嚥下食の調理方法
  ・高齢者のリハビリ
  ・環境設定の仕方