研修会の報告
   
  平成21年度 第1回富山地域リハビリテーション研修会
   
 

日 時

平成 21 年 9 月 9 日 ( 水 ) 17 : 30 〜 19 : 00
場 所
富山市民病院 3 階講堂
内 容
「パーキンソン病について」
講 師 富山市民病院神経内科部長
  林  茂 医師
参加者
108 名( 52 機関)
  介護職 20 名・看護職 19 名・作業療法士 15 名・理学療法士 15 名
  ケアマネジャー 8 名・保健師 7 名・医師 2 名・社会福祉士 2 名・その他 20 名
 
 
 

研修終了後アンケート結果(82名回収)

 
非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった
40人
38人
1人
1人
0人
     
 
意見・感想
 
  ・病態生理や症状、合併症について詳しく知ることができて良かった。
  薬の作用や症状について知ることができて良かった。
  ・パーキンソン病とパーキンソニズムの違いがわかった。
  ・日常業務に活かしていきたい。(食事、内服、状態観察など)
  ・歩行時の刺激の提示方法など、今後の業務に役立つ具体例が参考になり、今後実践してみたい。
  薬剤師、理学療法士、看護師などの視点での講義も聴いてみたい。
  ・介護の面から何をしたらよいかも聴いてみたい。
  ・専門的で、介護職としては分かりにくかった。
      
  
  今後の研修会に希望される内容・項目
  ・広域支援センターやリハビリ手帳について
  ・高齢者の骨折(治療・リハビリ・リスク管理)について
  ・認知症(種類と症状の違い)について
  ・呼吸リハ、呼吸疾患について
  ・糖尿病について
  ・難病について
  ・ターミナルケアについて
  ・リウマチについて
  ・パーキンソン病と音楽療法について
  ・高齢者における音楽を使ったケアについて
  ・簡単にできる嚥下訓練(食事動作)
  ・排泄について
  ・褥瘡について