平成25年度 第1回富山地域リハビリテーション研修会
   
 

日 時

平成25年7月10日 (水) 17:30 〜 19:00
場 所

富山市民病院 1階正面玄関ロビー  3階講堂

内 容①
「福祉用具の紹介①〜階段昇降機について〜」
紹介者 有限会社CKH
     
   
     
内容② 「介護予防について」
講師

アルペンハイツ 理学療法士

    屋木 佑介 氏
参加者
42名( スタッフ16名、16機関)
    看護職4名・介護職6名・理学療法士15名・作業療法士8名・言語聴覚士2名・社会福祉士2名・保健師1名・その他4名  
 
 

 

研修終了後アンケート結果(26名回収)

 

   内容①

   内容②

非常に勉強になった
勉強になった
普通

あまり良くなかった

良くなかった

6人

8人 2人 1人 0人
15人
3人
1人
0人
0人
   
 
内容①意見・感想
 

・情報として知っておくことで対象者に紹介・提案ができるため良い機会だった。

・在宅にて使用されている例など調べて、有効であれば今後ケアマネージャへ伝達してきたい。

・あったらいいなとずっと思っていた福祉用具を体験できてとても良かった。

   
 
内容②意見・感想
 
 

・元気化プロジェクトというボランティアがあることをしれたので、何かあれば相談したい。

・高齢者の方がやりがいや生きがいをもって取り組める素晴らしい活動だと思います。富山市以外にももっと広まるよう、お手伝いしたいと思います。

・地域元気化プロジェクトに参加出来たらと思うのですが、デイサービスでも取り入れていきたいと思う。

・これからの高齢者増に対して、介護サポーターという人員がそれぞれに地域で活動をしていますが、シルバーリハビリ体操も取り入れていきたいと思いました。

・全国にシルバーリハビリ体操が広がり、元気な高齢者がふえてほしい。そのため、施設間の協力が大事であると思った。

・シルバーリハビリ体操を学べる場を教えてほしい。

・地域の高齢化問題について現状と今後を知り、考える良い機会になった。

    
 

今後の研修会に希望される内容・項目

 
  ・具体的なADLについて指導方法や、在宅での使用方法  
 

・在宅高齢者の評価

 
 

・実際の体操のDVDの利用                             ・ポジショニング方法