医療・介護ネットワーク推進のための手引き

〜入院前から退院後までのスムーズな連携を目指して〜

 

 病院から退院する患者のうち、介護との連携が必要な方(疾患は限定しない)が、退院後も自宅等において持続したケアを受けながら、健康状態の維持・改善をはかるためには退院時の連絡調整が必要です。当センターでは平成25年度より医療・介護ネットワーク推進事業に取り組みました。

 事業を進めるにあたっては、富山圏域の公的病院地域連携室や介護支援専門員協会、行政からなるワーキンググループを設置し、退院における病院と地域(介護支援専門員)との連携体制の現状や課題を話し合い、入院時からの連携の在り方を含めた基本的ルールについて検討しました。さらに、情報共有のための様式や、病院及び地域の連携窓口の一覧を作成し、入・退院時の病院と地域との連携の試行を重ね、今般、「医療・介護ネットワーク推進のための手引き」としてまとめました。

 今後、病院と地域との連携が更に推進され、安心した生活が送れるよう、本手引きが広く活用されることを期待いたします。合わせて入院時情報提供書(様式1)、病院からの連絡票(様式2)の様式も掲載しましたのでご活用ください。

 

 

 
●  手引き(医療・介護ネットワーク推進のための手引き(PDF版)