メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

臨床研修のご案内

コンテンツ一覧

研修医の声

研修医 船崎 友馨、宮嶋 友希 インタビュー

当院を選んだ理由」、「入ってみてわかった良い点」等
(eレジフェア2016 in 大阪 (2016年6月19日開催)より)

研修医の声

 
 
 初期臨床研修医
稲垣 慎吾
緩和ケア認定看護師の写真

Q1 富山市民病院を選んでよかったことは?
1年次,2年次合わせて研修医は10名強と比較的少人制であり,基本的に各診療科を1人の研修医のみがローテートします.そのため多くの症例を経験でき,獲得できる手技の幅は広く,複数回の学会発表・論文作成の機会もいただいています.

Q2 研修で最も身についたことは?
救急では初期対応,検査,診断,入院対応まで,上級医の先生に御指導いただきながらも一人で行うため,着実に力を付けていくことができます.

Q3 雰囲気はどう?
研修医は少人数ながら個性的であり互いに刺激しあい日々研修しています.各診療科の先生方は横の繋がりが強く,また看護師さんはじめコメディカルの方々は些細なことであっても親身に相談にのってくださいます.

    

◆医学生へのメッセージ
富山市民病院は自由度が極めて高く,自分の望む形での研修を行うことができます.一度見学に来ていただき,もし感じるものがあれば研修先として選んでいただいて間違いありません.

               
 

 初期臨床研修医
疋島 貞雄

緩和ケア認定看護師の写真


私は,大学病院・市中病院のたすきがけを選択し,富山市民病院で1年間研修させて頂きました.具体的には,研修1年目4月~6月(3ヶ月間)を大学病院で,その後の1年間を富山市民病院で,2年目7月から再び大学病院(9ヶ月間)で研修するスケジュールで学ばせて頂いております.大学病院と市中病院で研修を行うことで,専門性の高い疾患から緊急性の高い疾患や頻度の高い疾患を経験できると考え,このようなスケジュールを選択しました.これまでの研修を通して,大学病院ではかなり専門性の高い疾患を経験でき,深い知識の必要性を理解できました.また,志望する専門科を決定する上で非常に参考になりました.一方,市中病院では,様々な疾患を有した患者さんやCPRを必要する緊急性の高い患者さんに接する機会が多く,幅広い知識や緊急時の迅速な対応の必要性を理解することができました.                                市中病院として富山市民病院を選んだ理由は,大学の先輩方が富山市民病院での研修を強く薦めて下さったことが大きかったと思います.多くの先輩方が富山市民病院で研修や専門科診療を経験されており,大学病院では学ぶことができない多くの事を学ぶことができ,得難い経験をすることができると薦められました.実際に富山市民病院での研修を通して,非常に多くのことを指導医の方々から学ばせて頂いたと実感しています.富山市民病院での研修で学んだこと・感じたことを,救急科研修,当直研修,内科・外科研修の3つに分け,以下順に述べさせて頂きます.                                救急科研修では,救急搬送の患者さんの検査・診断・専門科コンサルトまで一連の流れを研修することができます.また,経験した症例に対して,指導医の先生方が詳細に助言・評価して下さり,丁寧なご指導を頂きました.更に,週1回の救急症例カンファレンスを開催され,自分では経験していない症例や,診断・コンサルトが難しい症例など,実践に即した学習会で多くのことを学ばせて頂きました.救急科では,医師だけでなく看護師さんも有能な方々が多く,研修を通して分かりやすく丁寧にご教示頂きました.救急対応だけでなく,医師たるものの姿勢や考え方など多くのこと学ばせて頂きました.                                当直研修では,富山市は輪番制度を採用していることが特徴として挙げられます.富山市では,複数の病院が持ち回りでその日の救急患者を受け入れており,2日~3日の頻度で富山市の救急患者全てを市民病院が受け入れる体制となっております.このため、多くの患者さんが来院されますが,救急科研修で学んだことを実践し,適切かつスムーズに対応してゆく技術を学ぶことができます.時には想像以上の忙しさを経験することにもなりますが,指導医の先生方の明瞭なご指導や看護師の方々の迅速な行動で,患者さんを適切に診療することができます.                                内科・外科研修では,様々な病態に対し,どのように問題提起し,長期に渡る治療方針を決定し,治療効果を判定してゆくかなど,入院から退院までの一連の経過を丁寧にご指導頂きました.富山市民病院での研修の特徴として,各診療科へのコンサルトがスムーズであるため,様々な先生方からご指導頂くことができます.また,研修内容の自由度が高く,自身のモチベーションに合わせて適切な研修をさせて下さいます.週1回開催される内科カンファレンスでは,各内科の先生方が研修医の発表に対し質問して下さり,毎回非常に勉強になります.その他,月2~3回の頻度で,各科専門医の先生方がミニレクチャーを開催して頂き,大変勉強になります.                                 研修病院を選択する上で,様々な要素を考慮し複数の病院から自分に合った病院を探し出し,決定してゆくことも一つの方法だと思います.また自分のように,先輩の薦めのみで研修病院を決定するのも一つの方法だと思います.これまでの研修を通して,富山市民病院はいずれの方法でも選択して頂け,かつ満足できる非常に素晴らしい病院であると考えております.                             

 初期臨床研修医
小野瀬 崇文

緩和ケア認定看護師の写真


私は大学病院からのたすきがけ研修先として富山市民病院での研修を選びました。その理由はフレキシブルな研修ができることです。富山市民病院では約半月前まで翌月の研修希望先を変更することができます。実際に研修してみないと分からないことや日々の診療の中で自分に足りないと感じた分野、より興味を持った分野をその都度選ぶことが出来るため、今の自分に必要な研修を行うことが出来ます。私自身も、当初予定していた診療科とは別の診療科で研修しています。 また、内科志望の研修医にとって、内科系のすべての診療科が揃っていることも富山市民病院での研修は大きな魅力だと思います。新専門医制度の下で、内科を目指す研修医には内科系疾患をまんべんなく経験することが求められています。富山市民病院なら症例数の限られている血液疾患や神経疾患も診ることが出来るため、内科医として必要な知識や経験を十分に積むことが出来ます。将来の内科医である皆さんの力強い味方となってくれるはずです。 色々な研修先があって悩んでいる方も多いと思います。ぜひ一度見学に来てみて下さい。お会いできるのを楽しみにしています。                             

 初期臨床研修医
大井 祐太朗



 

緩和ケア認定看護師の写真


富山大学附属病院のたすきがけで富山市民病院を研修させて頂いています。 当院を選択した理由として私が学生だった時に2学年上の先輩が当院で研修され、その魅力を自分たちに教えに大学に来ていただいたことがきっかけでした。その中でも研修の中で多くの手技を身に着けることが出来たという点が当院で研修しようと決めた最も大きな要因でした。 私は現在外科系を志望しています。当院での研修では上級医の先生が丁寧に指導してくださるため、手技、知識を大いに向上させることが出来ます。もちろん自身の勉強、予習があってこそのことですが、当院で研修する価値はかなりあると思います。 また救急に関しては、当院は2次救急であり3日に1回輪番制で夜の救急を担当します。もちろん忙しさは言うまでもありませんが多くの症例を経験することが出来、また内科系の救急だけではなく外科系の救急も入ることが出来ます。またその際についてくださる上級医の先生方にも相談しやすいため良い救急研修を過ごすことができると思います。 研修病院を決めることは大変であるとは思いますが、どこにしようか迷った際は、まず当院を見学してみてはいかがでしょうか。                             

 初期臨床研修医
滝澤 大輝

緩和ケア認定看護師の写真


たすきがけの研修で1年目4月から9月までの半年間お世話になりました。 ●全体を通して研修医は10名前後と比較的少人数です。また、たすきがけでの研修医が複数いて、同じ立場として相談しやすい環境でした。
●救急の当直・日直について基本的に6時間となっていています。当直であればだいたい23時までと、翌日の通常の各診療科研修に支障を来すことがないように配慮されています。1年目研修医は5~6月頃から入るようになります。病院や研修そのものにまだ慣れていない時期であったため、こういった仕組みは良かったと思います。また、1か月あたりの日当直回数は希望に応じて比較的自由に変更することが出来、各診療科での忙しさや予定に合わせ増減させることも可能です。病状説明やインフォームドコンセントの機会も与えていただき、大変勉強になりました。
●各診療科での研修について基本的に各診療科に1人ずつの配属となるので、丁寧な指導を受けることが出来ます。診療科が充実しており様々な診療科での研修が可能です。またコンサルトしやすい環境であるので、診療上の問題点を専門の先生に確認し教えて頂くことが出来ます。                

 初期臨床研修医
今 武蔵

20171228_ima.jpg

初めまして!研修医1年目の今武蔵です。Q&A方式で簡単に富山市民病院を紹介したいと思います。
Q1富山市民病院を研修に選択した理由は?
A.私は、将来進む診療科を決めており、その診療科に関して強い富山市民病院を研修先として選択しました。

Q2待遇はどうですか?
A.病院から徒歩30秒の場所に官舎があり、またその官舎を格安(約1万円)で借りることが出来るほか、学会や資格取得にも柔軟で補助がでます。また、当直手当も6時間で1年目は15,000円、2年目は25,000円と県内でもトップクラスの手当があります。

Q3実際に研修してみてどうですか?
A.輪番当直では研修医がまずfirst touchを任されます。採血・echo・画像検査を基に自分で疾患や入院適応を考えて上級医にコンサルします。初めはすごく大変でどうすれば良いのかわかりませんでしたが、上級医の先生の手厚い指導の甲斐あって自分なりに考える事が来るようになりました。

●医学生へのメッセージ
当院は半日~2日見学と幅広く見学者を受け入れています。『とりあえず病院見学ってどういう感じなのかな?』とか『初めての病院見学』などでも当院は選択しやすいです。楽しくおいしい昼食会や夕食会もあるので気軽に見学にきてください!待っています!


 

ここまで本文です。

前ページに戻る