HOME > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 

  

  富山市立看護専門学校は昭和43年に富山市

  五福で2年課程の看護婦養成所として始まりま

  した。

  開校以来2,000名あまりの看護師を養成して

  おります。

  平成18年に現在の富山市今泉に校舎が新築

  され、3年制の看護専門学校となりました。

  主な実習病院である富山市立富山市民病院

  に隣接しております。

 

 
  現代の医療は多くの専門家が係わるチーム医療となっております。 その中で看護師の果たす役割は極めて重要です。 看護師には専門知識、高度な技術、そして人への愛・高い倫理観の三つの要素が不可欠です。本校は、これらの3つの要素を備える看護師をめざして教育をしております。

  対象疾患に直接働きかけるのが医療ですが、病める人に寄り添い、病める人の全体を見て治癒を手助けするのが看護師です。それは患者さま自身が持つ治癒への可能性に働きかける技術です。人間が持っている潜在的な自然治癒力に働きかける看護師は、現代医療において、ますます重要度が高まってきています。

 

  豊かな専門知識を有し、確かな技術を駆使して、病める人々の癒しに貢献できるそんな看護師を本校で一緒にめざしませんか。

 

  皆様の入学をお待ちしております。
 
富山市立看護専門学校
校 長   宮 森  正 郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

富山市立看護専門学校
〒939-8075 富山市今泉308番地1
TEL:076-425-2555
FAX:076-425-2333
Mail:kangosenmon-01@city.toyama.lg.jp