メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各部のご案内

食事の機能

食事には、健康を維持・増進、あるいは回復させることのほかに、食べ物や料理を楽しみ、満足感を得ることや、食事を共にすることにより、円満な人間関係を築くことなど、様々な機能があります。これらの機能を発揮させながら、栄養バランスの保たれた食事を継続させることが、食事療法の基本となります。

栄養科の取り組み

栄養科では以下のことを目指した運営を目標としています。
  • 安全でおいしい、患者さまに喜ばれる食事の提供
  • 患者さま一人ひとりのライフスタイルに合わせた栄養相談の実践
  • 治療効果が上がる食事の提供

入院患者さまの栄養管理

栄養管理計画書の作成
一人ひとりの体格や病態に合わせて、栄養状態の評価をし、栄養改善方法の提案をしています。医師・看護師・管理栄養士・その他コメディカルからなるNST(栄養サポートチーム)の現場でも、この計画書を有効に活用しています。
温冷配膳車による配膳
当院では、温冷配膳車による配膳を行っています。患者さまのところまで、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままお届けしています。
毎食の献立名の提供
毎食のお膳には、患者さまのお名前のカードをお付けしていますが、当院では、退院後のご自宅での食事療法の参考にしていただけるように、一部の食事を除いてお名前と一緒に献立名を記載し、ご自由にお持ち帰りいただけるようにしています。
行事食
患者さまにとって、食事は大きな楽しみの一つと考え、季節色豊かな献立になるよう心がけています。
 
  行事食 季節料理 郷土料理
4月 花見弁当 筍サラダ ほたるいか酢味噌かけ
5月 端午の節句    
6月   鮎の塩焼き  
7月 七夕そうめん 土用の丑の日(うなぎ)

白海老のかき揚げ

8月 旧盆料理 つる豆のごま和え 酢ずき
9月 敬老祝膳 里芋寿司 エゴマハンバーグ
10月  

秋刀魚焼魚、栗ご飯

きのこご飯

子いかの含め煮
11月 紅葉弁当 さつま芋ご飯 すいとん汁
12月 クリスマス、年越そば 冬至、鰤焼魚  
1月 おせち料理 七草粥、ぜんざい いとこ煮
2月 節分料理 のり巻 けんちん汁
3月 ひな祭り料理 散らし寿司、菜花の辛子和え  
選択食
常菜食、妊産婦食の方を対象に、週3日、選択食を実施しており、基本献立以外の献立を選んでいただけます。また、朝食時には、パン食献立を用意しています。
  • 選択食一例の写真
    • 選択食の一例
  • パン食献立の一例の写真
    • パン食献立の一例
出産祝膳
出産をお祝いし、お子さまの健やかな成長を願い、祝膳をお出ししています。
  • 調理中の写真
  • 祝膳の写真
個別対応食
患者さまの病状や嗜好に合わせて、きめ細やかな対応をしています。
  • 主食
通常はご飯や粥 ご飯の写真
  • おにぎり、俵型にぎり、パン、うどん、素麺 など
  • おにぎりの写真
  • 俵型にぎりの写真
  • パンの写真
  • うどんの写真
  • 素麺の写真
  • 食物アレルギー

卵、乳、小麦、そば、落花生の5大アレルギーの他、各種アレルギーに対応しています。

 

  • 嗜好

肉や魚など、嗜好に応じて、代替品をお出ししています。

 

  • 形態
ミキサー食
  • ミキサー食の写真
    • 咀しゃくが困難な方や、飲み込みの悪い方にも食べやすいよう、ミキサーにかけてあります。
串刺し食
  • 超刻み食の写真
    • 片手で食べられるよう、一口大に切って串刺しにしてあります。
ムース食
  • ムース食の写真
    • 食事でムセやすく、嚥下が困難な方にも食べやすいよう、ムース状にしてあります。
やわらか食
  • やわらか食の写真
    • 咀しゃく困難な方や、飲み込みにくい方にも食べやすいように、歯ぐきでつぶせるやわらかさにしてあります。
    •  
平成24年10月より「やわらか食」の提供を始めました。
これまで提供してきた料理を細かく刻んだ「刻み食」は、口腔内でばらけやすく食塊形成が難しく、食べ物が誤って気管から肺に入り、誤嚥性肺炎を起こす危険性がありました。
そこで、食材の見直し、圧力鍋を使った調理方法を取り入れ、歯ぐきでつぶせる軟らかさに調製し、飲み込みやすくした「やわらか食」の提供を始めました。
また、NST委員会では、当院の「誤嚥・窒息リスク評価手順」や「段階的嚥下調整食フローチャート」の見直しを行いました。                                  

栄養士業務

患者一人ひとりに合わせた栄養管理
当院の管理栄養士はそれぞれ2病棟ずつ担当し、入院患者様の栄養管理計画書を作成しています。実際にベッドサイドへ伺い、個々の栄養状態の問題点や食事内容について検討し、患者様の病態の改善・生活の質の向上につながる栄養ケアを目指しています。
栄養相談の写真
 
 
 
栄養食事指導
入院・外来の患者さまを対象に、個別および集団の方法で、医師の指示(栄養指導依頼書)に基づき、病態に応じた栄養相談をおこなっています。
個人栄養食事指導料初回260点、二回目以降200点・集団栄養食事指導料80点(1点10円)
個人負担は3割程度です。詳しくは内科外来または栄養科へお尋ねください。
 
個人栄養食事指導
治療効果を高めるため、生活の見直しや食生活の改善など、一人ひとりのライフスタイルに合わせたきめ細かい指導を心がけています。
栄養相談の写真
集団栄養指導

各病態に合わせた食事についての基礎知識や食事療法のポイントなどについて行います。

 

  • 糖尿病教室
1クール7回シリーズで、糖尿病について楽しく学んでみませんか?
教室では、糖尿病患者さんの治療効果を高め、良好な血糖コントロールと糖尿病の合併症予防を目的としています。
実施日
月~金曜日
時間
13:30~14:30 
場所
1階 看護外来
担当者
医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士
集団栄養指導の写真
  • 腎臓病教室(年3回)

腎臓病について各専門家からわかりやすく説明します。


 

  • 肝臓病教室(年3回)

肝臓病について各専門家からわかりやすく説明します。


 

  • 心臓病教室(月1クール)

心臓病について各専門家からわかりやすく説明します。


 

  • 骨粗しょう症予防教室(月1回)

骨を強くする食事についてわかりやすく説明します。



※詳細につきましては、集団指導・個別相談窓口一覧をご覧ください。

 

  • ※参加ご希望の方は、内科外来または栄養科までお問い合わせください。

栄養科の管理栄養士

私たち管理栄養士は、栄養、食生活に関する専門家として、専門資格を取得するなど、日々研鑽に励んでいます。なお、当院は日本静脈経腸栄養学会からNST稼働施設に認定されています。

人員構成  管理栄養士7名
所属学会  日本静脈経腸栄養学会、日本健康・栄養システム学会
                  日本摂食嚥下リハビリテーション学会
資格    臨床栄養師(1名)
      TNT-D認定管理栄養士(1名)、NST専門療法士(1名)