メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室をはじめ、
高度管理治療室を整備し技術向上に努めます。

各部のご案内

看護職員キャリア開発プログラム

職員看護の教育と研修体制
独自のキャリア開発プログラムに沿って人材を育成します
キャリア開発とは
  • 個々の看護師が、組織の目標を踏まえ
  • 各個人の能力やライフスタイルに応じて
  • 組織の支援を受けながら臨床実践能力の
  • 向上に自分で取り組むこと
看護師のキャリア
臨床実践能力
  • 人間性、社会性能力
  • 看護サービス実践能力
  • 教育、研究、指導能力
  • マネージメント能力
臨床実践能力達成度
能力到達度レベル 新人・レベルⅠ~Ⅳ
能力到達度レベルⅠ~Ⅳの図
新人看護師への支援体制
新人看護師への支援体制の図

新人研修

看護部は新人の皆さんが、不安なく技術を習得し勤務できるように、また能力を引き出してけるようにフレッシュパートナーやアソシエートナースを配置し、技術研修・多重課題研修・救急蘇生研修等を組んでいます。また、メンタルサポート体制も整えています。
新人研修
  • 食事援助
  • 排泄援助
  • 活動休息援助
  • 創傷管理
  • 苦痛の緩和
  • 安全確保の技術
  • 与薬の技術
  • 症状生体機能管理
  • 安全管理
  • 感染防止
  • 呼吸循環を整える技術
など
  • 静脈注射研修の写真
    • 静脈注射研修
  • 救急蘇生研修の写真
    • 救急蘇生研修
  • ポジショニングの写真
    • 人工呼吸器研修
  • AEDの講習の写真
    • AEDの講習
  • 口腔ケアシュミレータの写真
    • 口腔ケアシュミレータ
  • 吸引シュミレータの写真
    • 吸引シュミレータ
病棟での技術指導などの支援体制
ご希望の方には、シャドー研修も行います。
看護師と共に病室を回り実際の看護を見学しますので、とても参考になります。

新任看護職員研修のご案内

  日頃から当院地域連携の推進にあたりご協力いただき、ありがとうございます。

  当院では平成29年度採用の新人看護職員に対し、新任看護研修を実施いたします。地域の医療機関や施設に入職される看護職員の方に関しても当院職員と共に研修を受けていただければと考え、下記の通り計画いたしました。ご参加を希望される場合は、別紙参加申し込み用紙(様式)をふれあい地域医療センターまでFAX送信していただきますよう、お願いいたします。募集は1研修に5~10名程度とさせていただきます。
 なお、他の研修に関しては、「れんけいと支援」や「当院ホームページ・研修案内」に掲載いたしますので、順次申し込んでいただくことも可能です。S-QUE研修は申し込み不要です。

  

1.研修内容と日時(開催場所:当院3階 講堂 №7は西病棟8階)

 
 
テーマ
  開催日
  時間  研修形式
 安全確保の技術(医療安全)
4月3日(火)
9:45~12:00 講義・演習
 感染防止の技術
4月3日(火)
13:00~16:20 講義・演習
 与薬
 静脈内注射 点滴静脈注射
4月4日(水)
9:00~12:00 講義・演習
 与薬援助技術

経口薬の投与 麻薬製剤について

皮下注射 中心静脈内注射 輸血

誤薬防止の手順等
4月4日(水)
13:30~17:00 講義・演習
 活動・休息援助技術
4月9日(月)
13:30~15:00 講義・演習
 食事援助技術
4月10日(火)

 

13:30~15:00 講義・演習
 呼吸・循環を整える技術
4月11日(水)
13:30~15:00 講義・演習
 輸液ポンプの準備と管理(ME)
4月12日(木)
13:30~16:30 講義・演習
 排泄援助技術
4月18日(水)
13:30~15:00 講義・演習
10  救急蘇生法
6月(調整中)
13:00~17:00 講義・演習
11  レスピレータ― 調整中 13:00~17:00 講義・演習


 

 

2.S-QUE研修(開催時間:17:30~18:30  場所:当院3階 会場)
 
 
テーマ
  視聴可能期間
事例で知る退院支援のコツ
4月4日(水)
身体抑制しない看護の実現とその本質
4月11日(水)
チームで取り組む医療安全対策シリーズ 
~ヒューマンエラー~
4月25日(水)
一般病棟での人工呼吸器装着患者のケアに伴うME危機の理解
 
5月16日(水)
最新呼吸療法のエッセンスシリーズ
~人工呼吸器離脱のプロトコルを利用した呼吸ケア戦略~
 
5月30日(水)

現場事例に基づく急変対応
 

6月12日~7月6日

疾患分野別急変対応シリーズ
~もし目の前の患者さんが失神したら~

6月26日~7月20日

周術期の看護~合併症を予防するために

7月10日~8月3日
Dr.大島一太の心電図講座シリーズ 
胸痛、息切れの心電図を読む
7月24日~8月17日
10 看護師に知って欲しい感染対策最前線 8月7日~8月31日
11 検査値の見方に基づいた治療の指針の理解 8月21日~9月14日
12 転倒・転落を防ぎつつ、ADLの向上をチームで目指す 9月11日~10月5日
13 リハビリテーションにおける栄養管理 9月26日~10月19日
14 疾患別褥瘡予防とスキンケア 10月10日~11月2日
15

患者さんのQOLに基づいた排尿管理の実践

10月23日~11月16日
16 外来化学療法と病棟との連携 11月13日~12月7日
17

人生の終焉を迎えたがん患者と家族の心のケア
 

11月27日~12月21日
18 看護研究のためのやさしい統計学 12月11日~12月27日
19

自律し自立したジェネラリスト目指して

12月26日~1月21日
20

認知症の人と家族に対する意思決定支援
 

1月15日~2月8日
21
認知症、せん妄の方への看護の関わり 
~患者さんは何に困っているのか~
1月29日~2月22日
22 症状別フィジカルアセスメントを極める  ~循環器系~ 2月13日~3月11日
23 患者の声にならない訴えを看る 
~急変回避のためのアセスメント~
2月26日~3月22日
24
新人看護師の心のケア
3月12日~4月5日
25 入退院支援最前線 
~セルフマネジメント支援に繋げる連携~
 
3月26日~4月19日
 
 
 

 
 S-QUE研修(開催時間:17:30~19:00  場所:当院3階 会場)
  特別企画
 
 
テーマ
  開催日
第30回 看護職のための診療報酬講座
 
4月13日(金)
第31回 病院環境フォーラム 
病気をしても働ける環境づくり
 
6月4日~7月27日
 
第32回 これからの入退院支援、訪問看護を考える
 
8月2日~9月28日
第33回 医療の安全に関する研修 
 ~病院における患者・
  家族の暴力に対する医療安全力を高める~
 
10月2日~11月30日
第34回 病院環境フォーラム 外来部門の強化
 
12月5日~1月31日

第35回 2019年展望 これからの医療、これからの看護
 

2月4日~3月25日

※平成30年度より研修方法を変更します。
      4月、5月は従来通り17時30分より看護外来で研修会を開催します(予約不要)。
   6月より、月・木(祝祭日を除く)の14時~16時の間で予約制となります。
   希望日の2週間前までにFAXで申し込んでください。また、同施設で複数人となる場合は、なるべく
   日時を合わせて申し込みください。
   予約された方は2階 看護科事務室へお越しください。  申し込み様式
   
   他にも、ワンポイントナース・ワンポイント介護もあります。
   詳しくは、S-QUE研究会 2018年度 年間スケジュールをご覧ください。
 
 

 
 

ここまで本文です。

前ページに戻る