メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各部のご案内

救急センター

当センターは、ナースステーションを中心に、診察室、処置室、特殊処置室、小手術室、観察室、シャワー洗浄室などが配置されています。延べ床面積は506平方メートルで、大規模災害時に多数の救急患者さんが来院されてもその役割を十分に発揮できます。
特に緊急性や重症患者に対する迅速な対応ができるように、特殊処置室や小手術室などが設置されています。4室の診察室があり、処置室にも内科系2、外科系2のベットが用意されています。
今後、地域中核総合病院として、救急医療の分野でも市民ニーズに応えていきます。
救急車搬送口の写真
  • 救急車搬送口の写真
    • 救急車搬送口
  • 救急センター受付の写真
    • 救急センター受付
  • 診察室の写真1
    • 診察室1
  • 診察室の写真2
    • 診察室2
  • 診察室の写真4
    • 診察室4
  • ナーステーションの写真
    • ナーステーション
  • 処置室内科系の写真
    • 処置室内科系
  • 処置室外科系の写真
    • 処置室外科系
  • 小手術室の写真
    • 小手術室
  • 特殊処置室の写真
    • 特殊処置室
  • 観察室の写真
    • 観察室
  • 夜の救急センターの写真
    • 夜の救急センター
救急センター所在案内地図
ヘリポート
立山連峰を抱く富山市は、山岳での事故や、病気など発生した場合迅速に治療が受けられる様、Drヘリ搬送を受け入れています。
また、広域災害時にも活用できることから、災害拠点病院、地域災害医療センターに認定されています。
  • ヘリコプター搬送の写真
  • じぇリポートの写真
DMAT
DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、
災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)
と呼ばれています。
医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
救急車搬送口の写真
当院DMATの活動状況
当院のDMATは平成22年度に発足しました。                                                     発足以降、以下のような活動を行っています。                                                                                                                           平成23年2月 ニュージーランド地震での活動                                                     当院DMAT隊から3名(医師1名、看護師2名)を派遣し、被災した富山市外国語専門学校の生徒のご家族のケアを行いました。                                                           平成23年3月 東日本大震災での活動                                                                  当院DMAT隊から5名(医師1名、看護師3名、事務職1名)を派遣し、福島空港SCU本部にて、宮城県からの搬送患者を応急処置しました。   
                                                                  平成28年5月 熊本地震での活動                                                                     
当院のDMAT隊を含む救護班5名(医師1名、看護師2名、放射線技師1名、事務局1名)を派遣し、南阿蘇村白水庁舎で保健活動の支援を行いました。

 

                                                                                         
  • ヘリコプター搬送の写真
  • じぇリポートの写真
 
 
富山市の救急医療システム(夜間・土・日・祭日)
一次救急
軽症で帰宅できる様な場合
二次救急
主に入院、手術など必要な場合
救急医療システムの図
救急センター受診について
突然の激しい頭痛、胸痛、意識障害などの症状や、突発的事故などで緊急に治療が必要な方が対象となります。
院内トリアージについて
時間外(土日、祝日・夜間)に救急を受診される際は、看護師が緊急度判定システムに基づいて、ケガや病気の状態を確認します。緊急度の高い患者様を優先的に診察させていただきますので、診察の順番が前後することがありますがご了承ください。
時間外に当院での診療を希望される場合、病院へ電話を掛けてください。当直師長が対応します。
休日、時間外の診断書については当日お渡しできません。
TEL 076-422-1112(代) 救急センター
来院時お持ちいただくもの
  • 保険証、後期高齢者・乳幼児関係書類など
  • 通院中の場合は診察券
  • 当院以外でお薬をもらっている場合は、そのお薬やお薬手帳もお持ちください。
  • お支払いについて
  • 会計は自動精算機またはクレジットカードも御使用いただけます。
  • 当日支払いできない方は、後日、平日の時間内(8:30~17:15)にお支払いください。

ここまで本文です。

前ページに戻る