メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

脳神経外科

   
医療機関名
富山市立富山市民病院脳神経科 日本脳神経外科学会研修施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院

医師紹介

宮森正郎 医師の写真
  • 宮森 正郎(みやもり ただお)
  • 理事(脳卒中センター担当)
  • 脳神経外科部長、看護専門学校長
  • 金沢大学医学部 昭和53年卒
専門領域
  • 脳神経外科(脳卒中、脳腫瘍、頸椎疾患、小児脳神経外科)と救急医療
資格
  • 医学博士
  • 脳神経外科学会代議員
    脳神経外科学会認定専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 北陸脳腫瘍懇話会世話人 など
所属学会
  • 脳神経外科学会
    日本脳卒中学会 など
モットー・患者さんへの一言
  • 安全で、やさしく、わかりやすい医療を実践します。
  • 山野 潤(やまの じゅん)
  • 脳卒中センター部長
  • 脳神経外科医長
  • 金沢大学医学部 平成3年卒
専門領域
  • 脳卒中、脳腫瘍、救急医療
資格
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
所属学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本救急医学会北陸地方会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さん、御家族の身になって治療をしていきたいと思います。
 
  • 木村 亮堅(きむら りょうけん)
  • 脳神経外科医師

     
専門領域

 

資格
 
所属学会
 
モットー・患者さんへの一言


 

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
宮森 正郎 月・水
山野 潤     火・金(午後)
清水 有
毛利 正道  

診療科の特色

診療科の特色

脳腫瘍や脳動脈瘤などの頭蓋内疾患と頚椎・頚髄疾患にも対応し取り組んでおります。脳腫瘍、脳卒中、頚椎・頚髄疾患、外傷などのそれぞれの疾患に対していろいろな治療選択肢のなかから最も適切な治療法を選択して最善の治療に努めております。重要3分野の取り組みについて説明します。

<脳腫瘍>
 良性脳腫瘍に対しては、全摘を行い完治を目指しています。悪性脳腫瘍に対しては、手術療法、放射線治療および化学療法などを組み合わせつつ治療成績の向上に努めています。

<脳卒中>
 脳動脈瘤や頚動脈狭窄に対しては、開頭などによる直達手術とカテーテルによる脳血管内治療のそれぞれの長所と短所を考慮して最も適切な治療選択肢を選択しております。

<頚椎・頚髄疾患>
 体に優しい手術を心掛けております。筋肉や靭帯にできるだけ侵襲を加えないよう工夫しています。椎弓の固定には術直後から固定力の得られるLaminoplasty Basketというチタン製のプレートを使用し、体に優しい手術を行い早期の回復を目指しています。
 

主な検査

頭蓋および頚椎単純X線撮影
骨の状態をみる基本的な検査です(骨折の有無、骨の変性・形成異常など)。
頭部CT
頭部を水平な面で輪切りにした断面像です。頭蓋骨の中、脳を写し出す最も簡便な検査です。
3D-CT
造影剤を用いて脳や頚部の血管を3次元的に写し出す検査です。ヨード造影剤を用いるためアレルギーのチェックが必要で、必ずインフォームド・コンセントを行います。
頭部MRI(MRA)
様々な面で輪切りにした脳の断面像が写せ(MRI)、また造影剤を使わずに脳の太い血管を写し出すことができます(MRA)。無症候性脳梗塞の有無、動脈硬化の程度、脳動脈瘤の有無などが検索できます。
脳血管撮影
肘または大腿部の動脈に細い管(カテーテル)を入れ、血管の中を通して頚部まで誘導し、造影剤を注入して脳の血管を写し出す検査です。侵襲的な検査のため、必ずインフォームド・コンセントを行います。
脳血流SPECT(核医学検査)
脳の血流分布、脳循環予備能を調べる検査です。
頚動脈超音波検査
頚動脈の動脈硬化の程度を調べる非侵襲的な検査です。
脳波
てんかんの発作波の有無などを調べる検査です。

主な病気

脳血管障害(脳卒中)
  • 脳出血:脳内出血、クモ膜下出血(破裂脳動脈瘤)
  • 脳梗塞
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形
  • もやもや病
  • 脳腫瘍
  • 頭部外傷
  • 頭蓋骨骨折、急性硬膜外(硬膜下)血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫など
  • 頚椎椎間板ヘルニア・後縦靱帯骨化症、変形性頚椎症
  • 脊椎・脊髄損傷
  • 小児疾患:先天性水頭症、二分脊椎など
クモ膜下出血
大部分が脳の血管(動脈)にできたこぶ(瘤)が破れておこります(脳動脈瘤破裂)。突然の激しい頭痛にて発症し、嘔吐や意識障害(程度は様々)を伴うこともあります。初回の出血にて、1/3から1/2の方が亡くなられるか重度の後遺症を残すといわれている非常に危険な病気です。さらに、初回に程度が軽くても再出血して亡くなられることもあり、再破裂予防のための治療が必要となります。治療には、頭蓋骨を一部はずし(開頭し)、動脈瘤の頚(茎)部にクリップをかける手術(クリッピング手術)や血管の中からカテーテルを動脈瘤まで誘導しプラチナで出来たコイルにて詰める手術(血管内コイル塞栓術→トピックス参照)があります。
クモ膜下出血頭部CTの写真 クモ膜下出血の方の頭部CT
脳腫瘍
頭蓋内に発生する原発性および転移性(他の臓器の癌などの転移によるもの)の腫瘍の総称です。原発性脳腫瘍の頻度は人口10万人に対し年間12.5人といわれています。治療法は、手術(腫瘍摘出術)、放射線療法や化学療法(抗癌剤による治療)があり、腫瘍の種類、大きさ、部位などにより適切な治療法が選択されます。
  • 造影MRI水平断の写真
    • 造影MRI水平断
  • 造影MRI冠状断の写真
    • 造影MRI冠状断
慢性硬膜下血腫
通常中高年からお年寄りに多い病気で、頭を打った後3週間から、長い場合には数ヶ月を経て、頭蓋骨の下の硬膜と脳の間に血が溜まってくるものです。血腫により脳が圧迫され、頭痛から半身麻痺、歩行障害、痴呆症状、意識障害といった様々な症状が出現します。治療法は、通常頭蓋骨に小さな穴を開け、血腫を洗い流し、脳への圧迫を取り除く手術を行います。
  • 頭部CTの写真
    • 頭部CT
  • 頭部MRIの写真
    • 頭部MRI

トピックス (特色・ 実際に行っている治療法)

脳神経血管内治療
脳動脈瘤コイル塞栓術
脳血管内にX線透視下で極細い(約1mm)マイクロカテーテルを通し、脳動脈瘤内に先端を誘導します。次いでマイクロカテーテルの中にプラチナで出来た細いコイル(GDCコイル)を送り込み、脳動脈瘤の中で糸を巻くようにして丸め動脈瘤の中を塞ぎ、電気を流すことでコイルを切り離して瘤内に置いてきます。コイルを何本も送り込み脳動脈瘤を閉塞させることで、脳動脈瘤の破裂を防ぐ治療法です(下図)。
  • 脳動脈瘤コイル塞栓術前の写真
    • 術前
  • 脳動脈瘤コイル塞栓術後の写真
    • 塞栓術後
コイル塞栓術の可能な脳動脈瘤に対して、富山市民病院では脳神経外科が中心となり積極的にこの治療法を行っています。最大の利点は、とくに手術の困難な患者様に治療が行え、かつ身体に対する侵襲が最小限に押さえられることです(開頭手術の必要がありません)。
入り口が広い脳動脈瘤はコイルが瘤内から飛び出してしまうために、技術的に治療が困難な例もあります。最近私たちは、風船のついたマイクロカテーテル(バルーンカテーテル)を用いて動脈瘤の入り口を塞いでコイルが飛び出さないようにしながらコイルを挿入。脳動脈瘤を治療し、良好な成績を得ています。
動脈血栓溶解療法(動注法)
脳梗塞の中でも、とくに心臓に出来た血栓が脳の主幹動脈に飛んでいき、広範囲な脳梗塞を作る病態があります(脳塞栓症)。これを防ぐために、閉塞した脳の主幹動脈に血栓溶解剤を直接注入し、閉塞部の再開通をはかる治療を行っています(血栓溶解療法)。
脳主幹動脈の血栓で詰まったところに、極細いマイクロカテーテルを通します。ここで血栓溶解剤を注入し、血栓溶解を試みます。続いて風船のついたマイクロカテーテル(バルーンカテーテル)を用いて血栓を破砕する方法を試みることもあります(血管形成術)。
  • 動脈血栓溶解療法術前の写真
    • 術前
  • 動脈血栓溶解療法術前の写真
    • 術後
  • バルーンカテーテルの写真
    • バルーンカテーテル
脳腫瘍血管塞栓術
脳腫瘍の中には非常に血管に富み、手術中、手術後に大量の出血をおこすものがあります。腫瘍に入り込む血管にマイクロカテーテルを通し、これを詰めることにより腫瘍からの出血を減らす治療を行っています。
  • 脳腫瘍血管塞栓術前の写真
    • 塞栓術前
  • 脳腫瘍血管塞栓術の写真
    • 塞栓術後
頸動脈内膜剥離術(Carotid endarterectomy, CEA)
脳梗塞になられた患者様の中には、頚部内頸動脈の血管壁にコレステロールの垢(アテローマ)がたまり、頸動脈狭窄症を合併している方がおられます。とくに高度の狭窄例(20%以上)の場合、その後脳梗塞を引き起こすリスクが約20%あることが欧米の大規模臨床試験によりわかっています。これに対し、手術によりアテローマを除去すると脳梗塞になる確率が減少することが同じ試験で証明されました(約8%)。
富山市民病院では脳梗塞の予防を目的として、頸動脈内膜剥離術をこれまでに110例以上行ってきており、良好な成績(手術に伴うリスクは1.7%)を得ております。これは北陸地方の総合病院の中でも有数な経験と手術成績を誇ります。
低侵襲脊髄脊椎手術(頸椎手術)
頸椎用チタンケージを用いた低侵襲頸椎手術(前方除圧固定術)
頸椎椎間板ヘルニアや変形性頸椎症、後縦靱帯骨化症といった病気により脊髄が圧迫され、手のしびれや脱力、歩行障害を生じることがあります。これを治療するために頚部前方や後方からのアプローチにより、脊髄への圧迫を取り除く手術を行っております。
富山市民病院の工夫として骨の固定のために、ケージと呼ばれるチタンで出来た人工骨を挿入しています。チタンケージの使用により、①手術直後から強力な頸椎固定が得られ、②以前行っていた移植骨を採取する手術が不要となり、③入院期間も短くなる、といった利点が得られました。チタンケージの使用により手術後2、3日でベッドの周りを立ったり歩いたりが可能となりました。
  • ヘルニア術前の写真
    • ヘルニア術前
  • ヘルニア術後の写真
    • 術後
  • チタンゲージの写真
    • チタンケージ
後方からの低侵襲頸椎手術(頸椎椎弓形成術)

後方からの低侵襲頚椎手術(頚椎椎弓形成術)

体に優しい手術を心掛けています。具体的には、筋肉や靭帯にできるだけ侵襲を加えないよう片側からのみのアプローチとしています。椎弓の固定には術直後から固定力の得られるLaminoplasty Basketというチタン製のプレートを使用し、体に優しい手術を行い、早期の回復を目指しています。

最近は、主に前方からでなく後方法(椎弓形成術)により頚椎手術を行っております。

 

診療実績

脳神経外科手術実績(2015年1月1日~2015年12月31日)
疾患分類 内容 件数
脳腫瘍
  • 摘出術 
  • 生検術
  • 経蝶形骨洞手術

 6

 0

 2

脳血管障害
  • 破裂脳動脈瘤
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形
  • 頚動脈内膜剥離術
  • バイパス術
  • 高血圧性脳出血開頭術
  •      開頭血腫除去術
  •        定位手術

 4

 1

 0

 2

 1

 

 6

 0

外傷
  • 急性硬膜外血腫
  • 急性硬膜下血腫
  • 減圧開頭術
  • 慢性硬膜下血腫

 0

 2

 1

 37

水頭症 脳室シャント術  4
脊髄・脊椎
  • 腫瘍
  • 変形性脊椎症
  • 椎間板ヘルニア
  • 後縦靭帯骨化症

 0

 5

 0

 0

血管内手術

    脳動脈瘤塞栓術
    脳動静脈奇形
    閉塞性血管障害

         (ステント使用例)

 3

 0

 

 0

 

 

その他  

29

 

合計   103

ここまで本文です。

前ページに戻る