メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

泌尿器科

   
医療機関名
富山市立富山市民病院泌尿器科 日本泌尿器科学会専門医教育認定施設

医師紹介

児玉浩一 医師の写真
  • 児玉 浩一(こだま こういち)
  • 泌尿器科部長
  • 臨床研修センター主幹
  • 平成7年卒
専門領域
  • 泌尿器科一般
  • 骨盤底再建外科
  • 婦人泌尿器科
  • 泌尿器科腹腔鏡手術、内視鏡手術 
資格
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科領域)
  • 医学博士
学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本女性骨盤底医学会
  • 日本排尿機能学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本小児泌尿器科学会
モットー・患者さんへの一言
  • “患者様を中心に”を第一に考え、新しい知識・技術を持って医療にたずさわることを心がけています。
    排尿困難、尿失禁などにお困りの方は、一人で悩まずに気軽にご相談下さい。
高瀬医師の写真
  • 高瀬 育和(たかせ やすかず)
  • 医療相談室部長
  • 泌尿器科医長
  • 平成11年卒
資格
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
    日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医

  • 臨床研修指導医養成セミナー修了 
  • 福井県緩和ケア研修会修了

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
児玉 浩一 火・金 月・水・木
高瀬 育和 月・水・木 火・金

診療科の特色

泌尿器科は尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)、副腎、および男性生殖器(前立腺、精巣など)に発生する病気を取り扱っています。基本的には外科ですが、病気の種類や病状によっては内科的治療も行います。
泌尿器科領域でも、日々新しい知見が得られ、治療法が進歩しています。このため、一つの病気に対して、様々に治療方法を患者様が選べる時代となってきました。当科では、最新医療技術をいち早く取り入れ、患者さまのニーズにすべて対応できる医療体制を目指しています。
  • 体腔鏡下手術
    • 副腎、腎に病気があり、これらの臓器を摘出する必要がある場合、これまでは体に大きな手術創を必要とする開放手術が主でした。しかし、5-10ミリの3~4ヶ所の創から手術を行う体腔鏡手術が開発され、これらの手術が開放手術に代わって行われるようになってきました。体腔鏡手術は、内視鏡で細部まで拡大して手術を行うため、出血が少なくてすみ、安全に手術が行えるという利点があります。また、手術創が小さくすむことから、美容上に優れているだけでなく、術後の回復も早く、術後の痛みも少なくてすみます。当科では、1997年より副腎摘除術を、また2003年より腎摘除術を体腔鏡下に開始し、現在、年間20例以上の手術を行っています。現在、2名の医師が泌尿器腹腔鏡技術認定の資格を有しています。また、腎盂と尿管のつなぎ目が狭く、尿の流出に障害のある腎盂尿管移行部狭窄症という疾患に対しても、体腔鏡下に尿路の形成を行っています。
    •  
    • 対象となる疾患
    • 副腎腫瘍、腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍、腎盂尿管移行部狭窄症
    •  
  • 骨盤臓器脱に対する骨盤底再建手術
    • 腟よりさまざまな臓器(膀胱、子宮、直腸など)が下垂し脱出してくる疾患を総称して骨盤臓器脱といいます。女性特有の病気です。陰部の下垂感、陰部に固いものや瘤が触る、尿が出にくい、便秘など症状はさまざまで受診されます。泌尿器科と婦人科のまたがる領域であるため、当院では両方の科が診断および治療に協力体制で望んでいます。また、従来の治療では再発率が高く大きな問題でしたが、近年ポリプロピレンメッシュという人工素材が開発され、当院でも再建術に用いています。この方法によって、再発率は低下し、良好な成績が得られています。
    •  
    • 対象となる疾患
    • 膀胱瘤、子宮下垂・脱、直腸瘤、子宮摘除術後の腟断端脱
    •  
  • 尿失禁に対する治療
    • ”尿がもれる”といっても、その原因にはさまざまなものがあります。咳やくしゃみの時もれる(腹圧性尿失禁)、トイレまで間に合わない(切迫性尿失禁)などのタイプがあります。治らないからとか、恥ずかしいからとかいった理由で受診をためらう方もおられますが、悩んでおられずに一度受診されることをお勧めします。原因やタイプに応じて、骨盤底筋体操、薬物療法、手術療法を行っています。腹圧性尿失禁に対する手術療法は、局所麻酔で安全に行える尿道つり上げ術を行っており、良好な成績を得ています。
    •  
  • 尿路結石に対する治療
    • 腎結石や尿管結石には体外衝撃波結石破砕装置による治療を原則として外来的に行い、好成績をあげています。治療は1時間ほどですみ、治療中の痛みもほとんどありません。2014年1月に最新の破砕装置を新たに導入しました。これまでよりも治療効果が数段アップしています。体外衝撃波治療でこわれにくい結石の場合は、内視鏡手術を積極的に行っています。結石を視野に入れて、確実に結石を細かくこわすことが出来きます。内視鏡手術の場合は、、数日の入院で治療が可能です。
    •  
    • 対象となる疾患
    • 腎結石、尿管結石
    •  

主な病気

排尿障害
前立腺肥大症、神経因性膀胱など
尿路性器感染症
腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎など
尿路性器腫瘍
腎癌、腎盂尿管腫瘍、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍など
尿路結石症
骨盤臓器脱
腎結石、尿管結石、膀胱結石など
尿失禁
先天性疾患 水腎症、停留精巣など
勃起不全(ED)、男性不妊症
尿路性器外傷

ここまで本文です。

前ページに戻る