メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

放射線科

医療機関名
富山市立富山市民病院放射線科 日本医学放射線学会認定放射線科専門医修練機関

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
画像診断・IVR X線、超音波、CT、MRIや核医学検査などの様々な検査を行い、全身の疾患を対象としております。血管造影に関しては、腹部を中心とした検査および肝細胞癌に対するTAE等を行っております。
放射線治療 主に悪性腫瘍の治療や転移等の疼痛緩和などを目的に行っております。緩和ケア病棟の開設もあり、今後の需要増加が予想されます。

医師紹介

達宏樹 医師の写真
  • 達 宏樹(たつ ひろき)
  • 放射線診断科部長
  • 金沢大学医学部 平成6年卒
専門領域

画像診断

IVR

資格

放射線診断専門医

学会
日本医学放射線学会
日本IVR学会
日本肺癌学会
服部由紀 医師の写真
  • 吉江 雄一(よしえ ゆういち)
  • 放射線診断科主幹
    放射線診断科医長
  • 金沢大学医学部 平成13年卒
専門領域

画像診断

IVR

資格
放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
学会

日本医学放射線学会

日本IVR学会

 
  • 茅橋 正憲(かやはし まさのり)
  • 放射線診断科医師
  • 札幌医科大学医学部 平成20年卒
専門領域

資格          

画像診断

IVR
放射線診断専門医
 

学会

日本医学放射線学会

日本IVR学会

患者さんへの一言

患者さんの役に立てるよう、努力していきます。

診療科の特色

診療内容
放射線科の仕事は大きく2つに分かれます。画像診断・IVR(インターベンショナルラジオロジー)と放射線治療です。放射線科の仕事は、ほとんどすべての診療科と密接に関係しています。
画像診断は、X線、超音波、CT、MRIや核医学検査、血管造影検査などによって得られた画像を読影して病気の診断を行います。放射線科医は画像所見から病気を診断し、主治医への報告書を作成しています。これにより各科の診療に寄与します。一方、IVRでは、血管造影検査などの画像診断の手技を用いて、実際に腫瘍や出血などの疾患の治療を行います。
また撮影された画像は原則フィルムレスでの運用を行っております。PACSサーバーより電子カルテにて必要な画像を参照することが可能となっております。また画像検索などのシステムを用い、研修医や学生等に対する教育症例などによる教育も行っております。
放射線治療は、主に悪性腫瘍に対して行います。患者さんの負担が少ない治療法として知られ、今後のさらなる発展が期待されています。
当院放射線科では、近隣の開業医から紹介していただいた患者さんの画像検査および画像診断も行っています。

主な検査

画像診断およびIVR
X線(レントゲン)検査
当科では胸部X線写真の一部を読影し報告書を作成しています。
超音波(エコー)検査
超音波を体内に発信し、臓器からはね返ってくる超音波をとらえて画像化します。
検査の方法は、ベッドに横になり超音波が通りやすいよう検査部位にゼリーをぬって、超音波を受発信する探触子(プローブ)を身体にあてながら検査をします。検査時間は検査部位によってさまざまですが5分から10分程度です。
腹部や乳房をはじめいろいろな臓器を簡便に検査することができます。
一部検査は臨床検査技師、診療放射線技師が行っています。
検査担当医は各診療科に検査結果の報告書を提出しています。
検査は原則的に午前中、放射線科外来にて行っています。
時間外、緊急例にも可能な限り対応しています。
CT(X線コンピューター断層撮影)検査
体を透過したX線を検出器で受けて、各臓器や組織によってX線がどのくらい吸収されたかをコンピューターで計算して、人体の横断像を作成します。 必要に応じて呼吸停止をしたり、造影剤を注入したりすることもあります。
放射線科医はその患者さんの病気に最も適切と考えられるCT撮影法を指示し、その結果得られた画像を読影し、画像診断の報告書を各診療科に提出しています。
最近ではCT検査によって得られた横断像をもとに3次元画像の作成も行っています。
検査の目的により、ヨード造影剤を注入しながらCT検査を行うことがあります。ヨード造影剤の使用は病気の早期診断や質的診断に非常に有用です。
ただし副作用を生じることがありますので以下の点について注意してください。
全身状態の極端に悪い患者、血管の極端に細い患者、腎機能の悪い患者、ヨードアレルギーのある患者、及び喘息の患者さんなどにはヨード造影剤を使用できません。呼吸困難,ショックなど重篤な副作用が生じることがあります。
当院では造影剤を使用する場合はあらかじめ問診などを行っています。
アレルギー体質の方や喘息を患っている方は主治医に申し出てください。
MRI(磁気共鳴画像)検査
身体の各組織に分布している水素の原子核がもっている磁気の共鳴現象を利用します。難しく聞こえますが、要するに高い磁場環境におかれた人体に、水素原子核が共鳴する電磁波をあて、その後に人体から出てくる電磁波を検出器で捕え、コンピューターで計算し画像を作ります。CT画像とよく似ていますが、原理が全く違うために得られる画像は似て否なるものです。脳や脊椎の病変の診断に優れています。また横断像だけでなく様々な方向の断層像が得られます。
検査は、大きな筒の中に入って数十分間寝ているだけで終わります。検査中、少し大きな音がしますので耳栓をしていただくことがあります。また狭い所が苦手な人には多少圧迫感があります。閉所恐怖症の方はあらかじめ主治医に申し出て下さい。検査は高い磁場内で行われるため、体内に金属がある患者さんなどにはMRIは施行できません。また、時計などの器機は全てはずしていただきます。詳しくは別紙説明書を御覧下さい。
放射線科医はその患者さんの病気に最も適切と考えられるMRI撮影法を指示し、その結果得られた画像を読影し、画像診断の報告書を各診療科に提出しています。(全身全ての部位のMRIを放射線科で読影しています。)
検査の目的により、造影剤を注入しながらMRI検査を行うことがあります。造影剤の使用は病気の早期診断や質的診断に非常に有用です。(CT検査で使用するヨード造影剤とは異なる薬剤です。)ただし副作用を生じることがありますので以下の点について注意してください。
全身状態の極端に悪い患者、血管の極端に細い患者、腎機能の悪い患者、過去にMRI造影剤で副作用のあった患者、及び喘息の患者さんなどには造影剤を使用できません。呼吸困難,ショックなど重篤な副作用が生じることがあります。当院では造影剤を使用する場合はあらかじめ問診などを行っています。アレルギー体質の方や喘息を患っている方は主治医に申し出てください。
血管造影検査およびIVR
血管内にカテーテルと言う細い管を挿入し造影剤を注入して、各臓器につながっている血管を映し出す検査です。代表的な検査に、脳血管造影、心臓血管造影、肝臓血管造影などがあり、各々目的にあった方法で撮影しています。また通常この検査は、入院をして精密検査の目的で行われます。
当院の放射線科では主に腹部を中心に様々な部位、臓器の検査をしています。
脳血管造影は脳神経外科、心臓血管造影は循環器内科で行っています。大血管および末梢血管は呼吸器・血管外科で行っています。
部位や疾患などによって違いますが、数人の医師、技師、看護師がチームを組んで行い数十分から数時間を要します。造影剤を注入して撮影しますが、病気によっては血管造影CTといってCT検査と組み合わせて検査することも多くなってきています。
さらに近年ではこの血管造影検査の手法を用い治療を行うIVR(インターベンショナルラジオロジー)と言われる技術も進歩してきました。IVRには、細くなった血管を広げる血管形成術(PTAやステント挿入術)や、腫瘍を栄養している血管を塞いで縮小させたり出血を止めるために血管を塞ぐ動脈塞栓術(TAE)などの技術があります。
当院の放射線科で行っている主なIVRには動脈塞栓術、血管形成術、経皮的カテーテル・リザーバ留置術、抗癌剤動注療法などがあります。ほかにもIVRによるさまざまな病気の治療を行っています。
検査治療の前日までに放射線科スタッフもしくは主治医から検査や治療に関する説明が行われます。(緊急例以外)
検査、治療は原則的に月曜日、水曜日の午後、血管造影室にて行っています。
ほか、時間外、緊急例にも可能な限り対応しています。
核医学
核医学検査として、心筋血流シンチグラフィや骨シンチグラフィ、脳血流シンチグラフィーなどを中心に施行しております。放射性同位元素の体内での取り込みの様子を画像化することで、病変部の描出や臓器の機能情報を検査します。被ばく線量はほかの放射線検査と同程度で、健康被害が出るレベルではありません。
放射線治療
悪性腫瘍の治療や術後再発予防目的、骨転移などによる症状の緩和目的に治療を施行しています。
画像検査のデータに基づき照射範囲を決定します。その後は1日数分程度の照射を、目標量に達するまで継続します。局所制御を目的とする治療であり、比較的低侵襲での治療効果が期待されます。
緩和ケア病棟の開設もあり、今後の需要増加が予想されます。

ここまで本文です。

前ページに戻る