メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

麻酔科

   
医療機関名
富山市立富山市民病院麻酔科 日本麻酔学会麻酔指導病院

対応疾患

周術期のあらゆる科の麻酔管理を行い。また、その相談に応じています。
麻酔のスケジュールは1週間単位で立てられます。週間スケジュールが外科側の決められた枠内で予定申し込みされ、おのおのの手術に対する手術室看護師および麻酔科医の割り振りが調整されます。人的容量を上回るスケジュールは安全性と効率性を考えて麻酔科が主導して外科側、手術室看護師の3者が合議の上で調節しています。緊急手術は優先度を考慮して各科の協力を得て麻酔管理をしています。麻酔に対する素人的希望は「痛くないように、知らない内に手術が終わり、元通りに目が覚めて、術後も痛くない回復が得られるようにして欲しい。」です。その希望を適えて良い手術をしてもらうことが麻酔科の目的です。いかに生体に与えられる外科的侵襲のストレス(痛み、出血を伴う体液の消失、体温低下など)を軽減、回避するかがポイントであり、患者情報の収集のみならず、外科医の腕の良さも麻酔方法の選択に影響します。麻酔の方法は全身麻酔用ガスを吸入させ、これに強力な鎮痛作用を有する合成麻薬と筋弛緩薬を加えて行う方法が基本です。そして、実際には開胸手術、開腹手術、上肢・下肢手術においては硬膜外麻酔、脊椎麻酔、局所麻酔などを適宜併用して術中管理をし、術後の創部痛の管理をも視野に入れた麻酔方法を選択しています。下腹部、下肢の手術の場合では硬膜外麻酔、脊椎麻酔、局所麻酔を適宜選択し、これに静脈麻酔を組み合わせて手術中は「眠っていてもらう。」という方法も多用しています。手術は心臓外科の手術以外は概ねあると言っていいでしょう。さらに、内科の早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術は全身麻酔下に施行しています。また、小児外科・形成外科があるために小児麻酔症例が多いのも特徴です。

医師紹介

  • 永川 保(ながかわ たもつ)
  • 麻酔科部長
  • 富山医科薬科大学医学部 平成3年卒
専門領域
  • 麻酔科学、集中治療医学
資格
  • 日本麻酔科学会指導医
学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本心臓血管麻酔学会
モットー・患者さんへの一言
  • 訴えをよく聞き時間をかけた丁寧な診療を心がけています
  • 高木 麻里(たかぎ まり)
  • 臨床工学科部長
  • 麻酔科医長、ペインクリニック内科医長
  • 富山医科薬科大学医学部 平成10年卒
専門領域
  • 麻酔科学
資格
  • 日本麻酔科学会指導医
学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本ペインクリニック学会
モットー・患者さんへの一言
  • できる限り、快適にすごせるよう、お手伝いさせていただきます
  • 松浦 康荘(まつうら こうそう)
  • ペインクリニック内科部長、麻酔科医長
  • 富山医科薬科大学医学部 平成11年卒
専門領域
  • 麻酔科学、ペインクリニック
資格
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本ペインクリニック学会専門医
学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本ペインクリニック学会
モットー・患者さんへの一言
  • チームワーク医療を大事にします
  • 五十嵐 太郎(いがらし たろう)
  • 麻酔科医師、ペインクリニック内科医師
  •  
専門領域
  • 麻酔科学
資格
  •  
学会
  •  
モットー・患者さんへの一言
  •  
  • 黒田 康子(くろだ やすこ)
  • 麻酔科医師、ペインクリニック内科医師
    信州大学医学部 平成18年卒
     
専門領域
  • 麻酔科学
資格
日本麻酔科学会専門医
学会
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本ペインクリニック学会
日本心臓血管麻酔学会
モットー・患者さんへの一言
謙虚な気持ちを持って、
安心、安全な医療を心がけます。
  • 津田 翔(つだ わたる)
  • 麻酔科嘱託医師
専門領域
  •  
資格
 
学会
 
モットー・患者さんへの一言
 

診療科の特色

麻酔管理
手術室での麻酔は、全身麻酔を中心に各科の手術中の安全管理に徹底しています。特に吸入麻酔ガスによる全身麻酔は「フロンガス」と同じ地球温暖化の作用がある「笑気ガス」を平成6年5月に全廃し、全国的にも最先端をいく「笑気ガスを使用しない低流量麻酔法」を独自に実現して、地球環境衛生面、医療経済面からの貢献をしております。年間の全身麻酔管理症例は、約2000例です。

診療実績

2014年度総手術件数3796件(内緊急手術910件)
各科別・麻酔別手術件数を以下に示す。
全身麻酔1878件
外科:466、呼吸器・血管外科:146、整形外科:611、脳神経外科:63、泌尿器科:65、産婦人科:78、眼科:5、耳鼻いんこう科:34、内科:26、形成外科:55、小児科:5、歯科口腔科:148、精神科:176  ―全て麻酔科管理       
静脈麻酔55件
呼吸器・血管外科:2、整形外科:4、泌尿器科:2、産婦人科:43、形成外科:1、  小児科:3  ―産婦人科以外は全て麻酔科管理 
くも膜下脊髄麻酔460件
外科:117、呼吸器・血管外科5、整形外科:193、泌尿器科:91、産婦人科:48、
形成外科:6 ―泌尿器科と整形外科の一部は各科で麻酔か、麻酔科がスタンバイ
硬膜外麻酔43件
整形外科:1、泌尿器科:17、産婦人科:25  ―すべて麻酔科管理
局所麻酔1289件
外科:92、呼吸器・血管外科:61、整形外科:73、脳神経外科:38、泌尿器科:46、
眼科:526、耳鼻いんこう科:8、内科:44、形成外科:78、小児科:10、麻酔科:313  ―麻酔科はほとんどがCVC処置、気管切開術等
その他71件
整形外科:11、泌尿器科:33、産婦人科:19、形成外科:4、耳鼻いんこう科:1、  内科:1、麻酔科:2
麻酔科外来について
麻酔科は外来を持っている。ここでは麻酔の術前診察とペインクリニックの仕事が行われる。術前診察はとても重要で個々の手術患者における診察及び麻酔の選択とその説明と承諾を得る作業が行われる。すなわち、本来の疾患と術前から持ち合わせている持病、たとえば糖尿病、高血圧、呼吸器や心疾患などに対する麻酔管理上の問題点やそのリスクの説明を行い、麻酔管理の承諾を原則として患者本人から得ている。ただし、子供や認知症などで病識がなかったり、麻酔が理解できない場合にはその保護者らに承諾してもらうことになる。
さらに術後の回診に置いて疼痛管理や呼吸・循環・代謝等の手術や麻酔によって受けた影響の状況を把握し、術前から術中、術後まで周術期としての麻酔管理による情報を集め整理・分析し、今後の麻酔管理の質の維持と向上を常にめざしている。これらの延長線上に ICUや救急外来での患者管理:呼吸循環管理のサポートがある。経皮的気管切開術やCVC(中心静脈栄養カテーテル)挿入のサービスも同様である。
 

主な病気

主に痛みに関しては、特発性三叉神経痛、顎関節症、帯状疱疹・後神経痛、腰・下肢痛(椎間板ヘルニア、根性坐骨神経痛、腰部脊椎管狭窄症など)、神経根性頸椎症、頚肩腕症候群、いわゆる肩こり、四十肩、テニス肘、ゴルフ肘、胸郭出口症候群、肋間神経痛、肋骨骨折痛、乳癌手術後疼痛症候群、レイノー病、神経原性疼痛(カウザルギーや交感神経萎縮症:外傷や手術で傷ついた神経が自律神経の異常などを伴って痛みが慢性化し、早期ブロックが必要な難病)、また下肢血行障害の痛み、特発性下肢浮腫、慢性膵炎による腹痛などがあります。さらに痛み治療ではありませんが、顔面神経麻痺、顔面痙攣(ボトックスによる治療)、ラムジ・ハント症候群、突発性難聴、視神経萎縮症、眼動脈塞栓症のブロック治療も守備範囲です。特異な分野では、機能性頭痛(群発性頭痛、片頭痛、緊張性頭痛、後頭神経痛など)の頭痛専門外来(富山では唯一)を開設中です。脊椎麻酔後の頭痛や交通外傷後の低髄液圧症候群の治療も行っています。いわゆる全人的な治療が必要な癌性疼痛には各種の神経ブロック療法と麻薬(オピオイド)の活用で各科の緩和医療に全面的に参加協力しています。

診療(予約について)

・診察は午前中のみ行っています。
・ペインクリニック受診希望の方は前病院でどんな治療をしていたのかを知るため、紹介状をお持ち下さい。
・初診・再診ともに電話にて予約をお取り下さい。予約の状況によっては御希望に添えないこともございます。

【頭痛の患者様へ】
初診時、問診に1時間~2時間かかります。患者様の病歴や生活習慣と頭痛の関係性を知り、患者様個人に適した治療を行うためです。お時間に余裕を持って予約をお取り下さい。
 

ここまで本文です。

前ページに戻る