メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
不整脈 上室性期外収縮、心室性期外収縮、心房粗細動、心室頻拍、心室細動、洞不全症候群、房室ブロック
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞、急性冠症候群
弁膜症 僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症
心筋疾患 拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症
先天性心疾患 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、動脈管開存症

医師紹介

清川裕明 医師の写真
  • 清川 裕明(きよかわ ひろあき)
  • 理事(臨床研修担当)

  • 循環器内科部長
    内科医長
  • 金沢大学 昭和57年卒
専門領域
循環器全般
資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会指導医
  • 日本心臓リハビリテーション学会指導士
  • 日本医師会認定産業医
学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本医療マネジメント学会
モットー・患者さんへの一言
  • やさしく親身になった診療を目指します。
寺崎敏郎 医師の写真
  • 寺崎 敏郎(てらさき としろう)
  • 参事
  • 内科医長
  • 金沢大学 昭和60年卒
専門領域
循環器内科
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定(総合)内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本心血管インターベンション学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さんの希望に沿って治療や検査を行うように心がけています。
                                 
打越学 医師の写真
  • 打越 学(うちこし まなぶ)
  • 集中治療科部長、内科医長
  • 金沢大学 平成8年卒 
専門領域
循環器内科 
資格
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
    日本循環器学会認定循環器専門医
    日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
    植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修終了
    心電図検定1級
    日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導医
    日本心血管インターベーション治療学会認定
    日本DMAT隊員(統括DMAT)
    ICLSインストラクター
    JMECCインストラクター
    JPTECインストラクター
    MCLSインストラクター
    JATECプロバイダー
    JTASプロバイダー
  •  

 

  •  
  •  
学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • 日本心不全学会
  • 日本心電学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本救急医学会(中部地方会幹事)
  • 日本集中治療医学会(東海北陸支部連絡協議会メンバー)
  • 日本集団災害医学会
モットー・患者さんへの一言
  • 地域医療に、微力ではありますが、お役に立てるようがんばりたいと思います。よろしくお願い致します。
                        
 
  •           中村 翔大(なかむら しょうた)
  •           内科医師
  •           金沢大学医学部 平成23年卒 
専門領域
   循環器内科 
学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
モットー・患者さんへの一言
  • 4月より、循環器内科に着任いたしました。微力ながら地域医療に貢献できるよう頑張ります。
 
  •            杉本 寛之(すぎもと ひろゆき)
  •            内科医師
  •             
専門領域
 
学会
 
モットー・患者さんへの一言
 

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
清川 裕明 火・木
寺崎 敏郎 木(一部) 月・金
打越 学 -
中村 翔大 -
杉本 寛之  

診療科の特色_心臓病

成人の心臓病には以下のものがあげられます。
  • 虚血性心疾患(狭心症/心筋梗塞)
    • 心臓を栄養する血管(冠状動脈)が動脈硬化などで狭くなり、血液が十分に流れなくなった状態を、狭心症といいます。さらに完全に閉塞し心臓の筋肉(心筋)が壊死した状態が心筋梗塞です。
  • 不整脈
    • 心臓の右心房にある洞結節から発生した弱い電流は、房室結節などの刺激伝導系という通路を伝わり、心臓全体に広がり心筋を収縮させますが、その過程で乱れが生じた状態です。心房性あるいは心室性期外収縮、または心房細動などがよくみられます。
    • 心臓の刺激伝導系
  • 弁膜症
    • 心臓の4つの弁(大動脈弁、僧房弁、肺動脈弁、三尖弁)がきちんとしまらない状態(閉鎖不全症)や固くなり開きにくくなった状態(狭窄症)です。
    • 心臓の構造
  • 心筋症
    • 心臓の筋肉が異常に肥厚したり(肥大型)、び慢性に弱る(拡張型)病気で、高血圧や糖尿病が一因となることがありますが、その多くは原因不明です。
  • その他
    • 上のような原因で、心臓の働きが低下し、呼吸困難、胸苦、浮腫などがみられる状態を心不全といいます。

診療実績

診療実績(平成27年度)
検査・治療 件数
心臓カテーテル検査 年間396例
(患者負担の少ない橈骨動脈使用82%)
経皮的冠動脈形成術(PCI)

年間132例(うち緊急43例)

平成8年から総計1526例

平成27年度成功率98%

ペースメーカー植え込み 年間34例(新規:27例/交換:7例)

電気生理学的検査/

カテーテルアブレーション

9例

医療設備
デジタル心血管造影装置、心臓電気生理検査/治療装置、運動負荷装置(トレッドミル、エルゴメーター)、ホルター心電図、心エコー、経食道心エコー、心臓核医学検査、心臓MDCT、心臓MRI、体外式ペースメーカー装置、IABP、PCPS、血液浄化装置、循環器専門病棟38床

主な検査

以上の疾患を鑑別するための検査には、以下のものがあります。
  • 心電図(+負荷心電図)
    • 体の表面から心臓の中の電気の流れの状態を記録するものです。さらに階段を3分間昇降した前後の心電図を比較します。
    •  
  • 心エコー検査
    • 超音波で心筋の動きや弁膜症の有無などを調べます。
    •  
  • ホルター心電図(24時間心電図)
    • 不整脈や狭心症の発作などを記録するため、カセットテープの入った心電図記録機をつけて帰宅し、いつも通りの生活をしてもらいます。翌日その記録機をはずし、1日分の心電図波形を紙に書かせる検査で、外来でもできます。
    •  
  • トレッドミル運動負荷
    • 心電図をつけ、ベルトコンベアーの上を歩く検査です。医者が横につきますので、安全に十分な負荷をかけることができます。
    •  
  • 核医学検査
    • アイソトープという弱い放射線を出す薬品を注射し、その心臓への集まり具合から心筋血流の状態や動きを評価する方法です。
    •  
  • 心臓カテーテル検査
    • 皮膚に局所麻酔を行い、大腿動脈(股の付け根の血管)や上腕動脈(肘の所の血管)へ、太さ2mm前後のカテーテルを入れます。そのカテーテルを用いて心臓の冠状動脈に造影剤を入れて、冠状動脈を写す検査です。後日患者さんや家族の方にも動画としてお見せし説明します。通常3~4日の入院が必要です。
『心臓肥大』や『心電図異常』などを指摘された時には、負荷心電図、心エコー、ホルター心電図などが必要です。当科では2日間続けて午後外来に来ていただき短期間で診断する方法を取り入れています(要予約)

治療

急性心筋梗塞では、一刻でも早く閉塞した血管を広げ、十分な血液が流れるようにすることが重要です。当科では24時間体制で、緊急心臓カテーテル検査を行い、細い風船(バルーン)で拡張する経皮的冠動脈形成術(PTCA) をおこなっています。

睡眠時無呼吸外来

  • 無呼吸外来:毎週火、木(清川)
  • 携帯無呼吸検査(毎日外来検査)
  • ソムノグラフィー検査:1泊2日入院(月、木)
  • 持続陽圧呼吸療法(CPAP):2泊3日教育入院(毎日)

ここまで本文です。

前ページに戻る