メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
がん(悪性腫瘍)に伴う症状緩和 がんと診断された方の中には、今までの日常生活ができなくなるなど、いろいろな症状、療養上の問題や心配事が出現してきます。痛みや吐き気といった身体の症状だけでなく、不安な感じや気分の落ち込みなどの気持ちの問題などの症状を和らげる治療や支援を行います。

医師紹介

舩木康二郎 医師の写真
  • 舩木 康二郎(ふなき こうじろう)
  • 緩和ケア内科部長
  • 平成11年卒 
専門領域
  • 緩和ケア
資格
  • 日本緩和医療学会専門医
    日本外科学会専門医
    がん治療認定医
     
学会

日本緩和医療学会

  • 日本死の臨床研究会
  • 日本ホスピス・在宅ケア研究会
  • 日本外科学会
    日本癌治療学会
     
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さん・ご家族と相談しながら、つらい症状が緩和し穏やかな生活が送れるよう援助していきたいと思います。
 
  • 桶口 史篤(おけぐち ふみあつ)
  • 緩和ケア内科医師
  • 高知大学医学部医学科 平成17年卒 
専門領域
  • 緩和ケア
学会

日本緩和医療学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
     
モットー・患者さんへの一言
  • 身体症状の軽減はもちろん、患者様、ご家族様が安寧に過ごしていただけるよう診察にあたります。

外来診療日

医師名 外来診療日
初診・再診 入院相談
舩木 康二郎 月・火・水・木・金 火・木

緩和ケアとは

がんに伴う体や心の問題を、単に病気に対する医療としてだけではなく、社会生活などまで含めて全体的に個々の患者さまとご家族を支えるという医療のあり方です。
WHO(世界保健機関)では、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理 社会的問題、スピリチュアルな 問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の 質)を改善するためのアプローチである。」(日本ホスピス緩和ケア協会 ホームページの翻訳より)といわれています。
すなわち、「緩和ケア」とは、単に身体症状のコントロールだけでなく、心のケアも同時に行い、患者さまのQOL(生活の質・生命の質)を総合的に高めることを目的とするものです。

いつから緩和ケア?

平成元(1989)年に開催された「がん疼痛治療と積極的支援ケアに関するWHO専門委員会」の報告書では、早い病期のがん患者さまにも緩和ケアを適用すべきであると指摘されています。
これは、ある特定の時期に「治療」から「緩和ケア」に移行するのではなく、がんと診断された当初から治療と並行して緩和ケアを行い、末期になるに従い治療よりも緩和ケアの比重を高くしていくという考え方です。
  • これまでのがん医療の考え方
  • これまでのがん医療の考え方の図
  • ※ある一定の時期が来たら、緩和ケアに移行する。
  • これからのがん医療の考え方
  • これからのがん医療の考え方の図
  • ※治療と並行して行い、徐々に緩和ケアの比率が高くなっていきます。

緩和ケアチーム

がんなどの生命を脅かす病気を持つ患者さまとご家族(介護者を含む)のクオリティー・オブ・ライフの維持向上を目的に、主治医や担当看護師などと協働しな がら、がん医療の早期から身体症状や精神症状などの緩和ケアに関する専門的な知識や技能を提供するとともに、地域連携による切れ目のないケアの提供や、医 療従事者などへの教育、院内および地域での緩和ケアの普及などを行う多職種から構成されるチームです。

緩和ケアチームメンバーについて

さまざまな問題にお応えするため、以下のメンバーがチームを作り
  • 痛みなどのからだの症状を緩和する医師
  • 気分の落ち込みなどこころの症状を緩和する医師
  • 緩和ケアを担当する看護師
  • 薬に関する情報提供や調整を担当する薬剤師
  • 簡単で動きやすい方法を工夫など、リハビリテーションを担当する理学療法士
  • 食事の工夫や相談を担当する栄養士
  • 療養環境や経済的な問題について相談を受ける医療ソーシャルワーカーや介護支援専門員

緩和ケアは具体的にどのようにすすめられますか?

  • 家族の方からのご希望を受けて、主治医もしくは担当看護師より緩和ケアチームに依頼されます。
  • ご本人またはご家族が直接緩和ケアチームへ依頼することも可能です。
  • 依頼を受けて緩和ケアチーム担当者がご本人のところへ伺い、診療を行ない、ご本人やご家族の希望に沿った治療や支援の進め方をいっしょに相談します。
  • 主治医や担当看護師ともに相談し、治療や支援の内容を決めていきます。
  • 具体的な緩和ケアの内容には
  • 痛み止めなどのお薬の治療
  • 痛みをとめるブロック治療
  • こころの悩みを解決するカウンセリング
  • 在宅への移行を目的としリハビリテーション
  • 栄養指導
  • 退院後の療養にむけた支援調整
などがあります。
緩和ケアチームの担当者が、定期的にお部屋を訪問し状況をお伺いするとともに、チームで患者さまとご家族の治療や支援について話し合いを行なっていきます。

緩和ケアをご希望の方は?

主治医または病棟看護師にご相談ください。また、主治医や看護師に相談する前に、緩和ケアについて詳しく知りたいと思われる場合は下記にご連絡ください。
  • 076-422-1112 (内線 2092)
  • 076-422-1112 (内線 2103)
  • 076-422-1112 (内線 2320)

ここまで本文です。

前ページに戻る