メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
腫瘍性疾患 肺がん、胸膜中皮腫、縦隔腫瘍など
気道系疾患・閉塞性肺疾患 気管支喘息、咳喘息、アトピー咳嗽、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、びまん性汎細気管支炎、気管支拡張症など
アレルギー性肺疾患 過敏性肺炎、好酸球性肺炎、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症など
呼吸器感染症 肺炎、肺膿瘍、非結核性抗酸菌症、肺真菌症など
間質性肺疾患 間質性肺炎、膠原病関連肺疾患、特発性器質化肺炎、サルコイドーシスなど
職業性肺疾患 塵肺、アスベスト関連疾患

医師紹介

石浦嘉久 医師の写真
  • 石浦 嘉久(いしうら よしひさ)
  • 救急診療部主任部長
    呼吸器内科部長
  • 腫瘍内科部長
    内科医長
  • 平成元年卒
専門領域
  • 呼吸器領域・特に気管支喘息、肺癌、慢性咳嗽など
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医・代議員
  • 日本アレルギー学会認定医・専門医・指導医・代議員
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医・代議員
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、指導医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
  • 日本結核病学会結核・抗酸菌認定医・指導医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
    医学博士
学会










表彰                          
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本肺癌学会
    日本癌治療学会
    日本化学療法学会
    日本結核病学会
    日本がんサポーティブケア学会

    第71回富山県医学会優秀賞受賞
     
モットー・患者さんへの一言
  • 心暖まる医療をモットーとしています。
    気軽に声をかけていただけます様お願いします。
山本宏樹 医師の写真
  • 芝 靖貴(しば やすたか)
  • 内科医長
  • 内科医師
  • 東京医科歯科大学医学部 平成15年卒
専門領域
  • 呼吸器
資格
  • 内科認定医
    日本呼吸器学会呼吸器専門医
     
学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
    日本呼吸器内視鏡学会
     
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さん自身を第一に考えた医療を心がけております。よろしくお願いします。
中村裕行 医師の写真
  • 中村 裕行(なかむら ひろゆき)
  • 理事(外来診療担当)
  • 内科医長
専門領域
  • 呼吸器
学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本肺癌学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者の声に耳をかたむける。
 

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
石浦 嘉久

月・金
芝 靖貴 -

中村 裕行 月・火・水・金
山本 宏樹 -

診療科の特色

呼吸器内科では、急性・慢性呼吸器疾患の診断・治療を、各種疾患ガイドラインや診療経験に基づき、適切な診療を行うことを心がけています。

診療実績

気管支鏡検査:年間161件(平成26年度)

主な病気

気管支喘息
慢性気道炎症を主体とする疾患であり、咳、痰、喘鳴(ヒューヒュー、ゼイゼイ)、息苦しさといった症状が、特に夜間から早朝にかけて多く出現します。治療としては、吸入ステロイド、気管支拡張剤を中心とした吸入療法、内服療法を行います。喘息発作時は、重症度に応じて外来、入院治療を行います。また、気道過敏性試験など専門的検査を行っております。また、内視鏡による、気管支喘息治療も行っています。
慢性閉塞性肺疾患(COPD;肺気腫、慢性気管支炎など)
肺胞が破壊され、気管支が慢性的に炎症を生じて狭くなり呼吸が妨げられる疾患で、息切れや咳、痰などの症状から始まり、進行すると呼吸不全に至ります。原因のほとんどが喫煙で、まずは禁煙が治療の第一歩です。レントゲン、CTや呼吸機能検査にて診断し、薬物療法を中心に治療を行います。また、リハビリテーション科と連携して呼吸リハビリテーションを行っております。
肺がん、胸膜中皮腫
肺がんは日本における男性のがん死亡率の第1位、女性においても第2位を占めており、今後も増加傾向にあります。CT、MRI、核医学検査など各種画像検査、気管支鏡検査、CTガイド下肺生検などにより診断を行い、治療方針を決定します。診断、治療に関しては呼吸器外科、放射線科と連携して診療にあたっており、当科での治療は手術不能例に対する抗がん剤治療、放射線治療が中心となります。
呼吸器感染症(肺炎、肺非定型抗酸菌症、肺真菌症など)
原因となる微生物の検出に努め、適正な抗菌剤使用による治療を行っております。外来で治療可能な軽症から、集中治療を要する重症まで対応しております。肺結核に関しては、結核治療専門施設にご紹介させていただきます。
間質性肺疾患
間質性肺炎、膠原病関連肺疾患、特発性器質化肺炎など様々な疾患を含みます。気管支鏡検査(経気管支肺胞洗浄、経気管支肺生検)や呼吸器外科と連携した胸腔鏡下肺生検を中心に、正確な診断を行い治療方針を決定します。
慢性咳嗽(長引く咳)
慢性咳嗽には様々な原因がありますが、その中でも咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群が多いとされています。これらも含めた慢性咳嗽の原因診断と、病状に応じた適切な治療を行っております。
慢性呼吸不全
体への酸素の取り込みが著しく障害された状態を呼吸不全といいます。その原因に対する治療とともに、障害されたガス交換の補助が必要になります。慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺疾患、肺結核後遺症などが主な原因で、在宅酸素療法(HOT)、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を行っております。
特殊検査
特殊呼吸機能検査(気道可逆性試験、気道過敏性試験、咳感受性試験、呼気NO検査、モストグラフ検査)
気管支鏡検査・超音波ガイド下気管支鏡検査
CTガイド下肺生検(放射線科と連携)
胸腔鏡検査
特殊治療
慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法(HOT)
在宅酸素療法を受ける基礎疾患は、慢性閉塞性肺疾患(43.7%)、肺結核後遺症(24.8%)、間質性肺炎(9.3%)などです。在宅酸素療法を始めるには、血液ガス分析や、運動能評価を含む検査が必要となります。以後、月1回の定期的な外来検診を行い、急性増悪時には、入院加療を行います。また、難治性気胸に対する、内視鏡による特殊治療も行っています。

施設認定

  • 日本呼吸器学会専門医制度認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医認定施設
  • 日本アレルギー学会認定教育施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

ここまで本文です。

前ページに戻る