メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
消化管疾患 胃癌、大腸癌、食道癌、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、食道静脈瘤、潰瘍性大腸炎、クローン病、機能性ディスペプシア
肝疾患 肝癌、肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎、劇症肝炎、ウイルス性肝疾患、薬物性肝障害、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎、肝膿瘍
膵・胆道疾患 膵癌、胆管癌、胆嚢癌、閉塞性黄疸、胆嚢・胆管結石、胆嚢炎・胆管炎、急性・慢性膵炎

医師紹介

樋上義伸 医師の写真
  • 樋上 義伸(ひのうえ よしのぶ)
  • 副院長(医療安全・企画経営担当)
  • 内科部長
  • 金沢大学医学部 昭和54年卒
専門領域
  • 肝・消化器内科
資格
  • 日本肝臓学会西部会評議員
  • 日本消化器病学会北陸地方会評議員
  • 日本肝臓学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会認定専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会認定専門医
  • 日本内科学会認定内科医
学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内科学会
モットー・患者さんへの一言
  • 笑いを忘れない。
蓑内慶次 医師の写真
  • 蓑内 慶次(みのうち けいじ)
  • 内視鏡内科部長
  • 内科医長
  • 金沢大学医学部 平成4年卒
専門領域
  • 消化器病学
  • 肝臓病学
  • 内視鏡治療
資格
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本胃癌学会
モットー・患者さんへの一言
  • 治療における相互理解
 
  • 上山本 伸治(かみやまもと しんじ)
  • 消化器内科部長
    臨床研修センター部長
    内科医長
    金沢大学医学部平成5年卒
     
専門領域
  •  消化器病、肝臓病学
資格
 日本内科学会認定内科医
 日本消化器病学会専門医
 日本肝臓学会専門医
 日本内視鏡学会専門医
学会
 日本内科学会
 日本消化器病学会
 日本肝臓学会
 日本消化器内視鏡学会
モットー・患者さんへの一言
  •  患者さんに寄りそった医療を行ってまいります。
     
 
  • 水野 秀城(みずの ひでき)
  • 救急・総合診療センター部長
    内科医長
  • 金沢大学医学部 平成12年卒
専門領域
  • 消化器全般
  • 逆流性食道炎
    過敏性腸症候群
資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  •           学会評議員・支部評議員
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本がん治療機構認定医
    日本消化管学会胃腸科認定医・専門医・指導医
    日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
     
学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本消化管学会
  • 日本神経消化器病学会
    日本ヘリコバクター学会
     
モットー・患者さんへの一言
  • 誠実さをモットーに、安全な医療を提供します。
    逆流性食道炎、便秘でお困りの方は、当外来にご相談下さい。
 
  • 山田 和俊(やまだ かずとし)
  • 内科医師
    金沢大学医学部 平成19年卒
     
専門領域
  • 消化器全般
     
資格
  • 医学博士
    日本内科学会認定内科医
    日本消化器病学会専門医
    日本肝臓学会専門医
    日本消化器内視鏡学会専門医
     
学会
  • 日本内科学会
    日本消化器病学会
    日本肝臓学会
    日本消化器内視鏡学会
     
モットー・患者さんへの一言
  • 相手の立場に立った診療を行いたいと思います。
     

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
樋上 義伸
蓑内 慶次
上山本 伸治  
水野 秀城  
山田 和俊  

診療科の特色

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸から肛門に至る消化管と肝臓、胆嚢、胆管、膵臓の病気を扱います。腫瘍性や炎症性など実に多種類の病気を扱っていますが、私たちはその中でも、特に悪性新生物(がん)の早期発見、診断、治療に力を入れています。消化器内科は内視鏡科との関係が最も深い科で、診断および治療には内視鏡的な検査および処置が欠かせません。
胃癌はわが国で最も多いがんの一つですが、医学の進歩に伴い早期のがんに対しては開腹手術をせずに粘膜下層剥離術(ESD)などによる内視鏡治療で病巣の一括切除が可能になっており、患者さんの負担が軽減され、入院日数も短くなっています。
消化管出血も消化器内科の得意分野の一つですが、最も頻度の高い出血性胃・十二指腸潰瘍に対しては内視鏡的に局注術、クリッピング等の止血術を行っており、良好な成績を収めています。
また、以前は死亡率の高かった食道静脈瘤破裂による出血に対しても内視鏡的止血術を行っており、止血率・救命率が格段に向上しています。
近年大腸癌の増加は著しく、大腸の内視鏡検査と注腸X線検査の必要性が増していますが、特に内視鏡検査は、早期がんやその前段階であるポリープの治療に非常に有効で、多数の患者さんの検査と内視鏡的切除を行っています。
さらに、私たちは難病である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)の診断と治療にも力を入れています。小腸疾患の診断・治療目的の小腸内視鏡、カプセル内視鏡も行っています。
肝疾患では,ウイルス性肝炎・肝硬変の診断・治療を中心に、肝癌、アルコール性肝疾患、薬物性肝障害、自己免疫性肝疾患、原発性胆汁性肝硬変などの診療を行っています。国民病とも呼ばれ、近年増加の著しいウイルス性慢性肝炎に対しては、抗ウイルス療法を積極的に行いウイルス肝炎の完治および肝がんの予防に努めています。肝癌の内科的治療はこの10年で最も進歩発展した治療の一つにあげられますが、私たちもこれに対しては放射線科と連携して動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術等さまざまな方法を組み合わせて治療することにより、非常に良好な成績を収めています。
膵胆管疾患ではエコー、造影レントゲン検査、CT、MRIなどの画像診断装置に加えて超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)などを用いて早期に的確に診断しています。胆嚢炎や膵炎の治療はもちろんのこと、総胆管結石や悪性新生物(がん)に対しても様々な内視鏡的治療方法があり実践しています。生活スタイルの変化に伴って増加傾向にある逆流性食道炎や機能性消化管疾患(機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群)、便秘の診断と治療に積極的に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。
内科の消化器担当医師は常勤医5人、非常勤医3人で構成されています。患者さんに優しい医療を心がけ日夜がんばっていますので、よろしくお願いします。

診療実績

診療実績(平成27年度)
検査・治療 件数
上部消化管内視鏡検査 4701
内視鏡的胃瘻造設術(PEG)

27

内視鏡的食道静脈瘤治療(EIS/EVL) 13
内視鏡的粘膜下層剥離術 ESD(早期胃癌) 29
内視鏡的胆道ドレナージ・結石除去術 232
下部消化管内視鏡検査 2099
大腸腫瘍(腺腫・早期癌)内視鏡的切除術(含ESD) 243
肝生検(インターフェロン治療導入) 10
肝動脈塞栓術 TACE(肝細胞癌) 26
ラジオ波焼灼術 RFA(肝細胞癌) 8

主な検査

上部・下部消化管内視鏡検査、超音波内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影、肝生検、腹部造影超音波(エコー)検査、腹部CT・MRI検査、腹部血管造影検査(放射線科)

ここまで本文です。

前ページに戻る