メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

医師紹介

石田陽一 医師の写真
  • 石田 陽一(いしだ よういち)
  • 院長
  • 金沢大学医学部 昭和54年卒
専門領域
  • 腎疾患、透析療法、高血圧
資格
  • 医学博士

診療情報管理士

  • 日本内科学会認定医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本高血圧学会認定専門医
  • 日本クリニカルパス学会評議員
  • 日本医療マネジメント学会評議員
学会
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本クリニカルパス学会
  • 日本医療マネジメント学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さんの視点に立った医療を目指しています
大田聡 医師の写真
  • 大田 聡(おおた さとし)
  • 中央研究検査部主任部長
    地域医療連携室部長

  • 腎臓内科部長
    透析内科部長
  • 内科医長
  • 金沢大学医学部 平成元年卒
専門領域
  • 腎臓・高血圧・膠原病
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本腎臓学会認定専門医・指導医
  • 日本透析医学会認定医・指導医
  • 医学博士
学会
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本リウマチ学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さんに優しい医療
 
  • 山内 博行(やまうち ひろゆき)
  • 内科医長
専門領域
  •  
資格
  •  
学会
  •  
モットー・患者さんへの一言
  •  
 
 
  • 玉井 亨(たまい あきら)
  • 内科医師
  •  
専門領域
  • 腎臓内科
学会
 
モットー・患者さんへの一言
 
並木佑子 医師の写真
  • 並木 佑子(なみき ゆうこ)
  • 内科医師
  • 福井大学医学部 平成23年卒
専門領域
  • 腎臓内科
学会
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本リウマチ学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さんやご家族の不安を少しでも取り除けるよう努力したいと思っています。
 

外来診療日

医師名 外来診療日
初診 再診
  石田 陽一  
大田 聡 火・木
山内 博行  
池田 麻侑美  
並木 佑子    
白石 詩織  

診療科の特色

腎臓・高血圧内科では、高血圧の診断と治療、糸球体・尿細管間質疾患の診断と治療、膠原病の診断と治療および血液浄化療法を行っています。当科は慢性腎臓病の病診連携に力を入れています。専門看護師や栄養士による日常生活や食事の指導も行っていますので気軽に声をかけてください。
高血圧について
高血圧に関しては、日本高血圧学会員である石田副院長が外来診療を中心に行っており、最新のエビデンスにもとづく医療を提供しています。最近、注目されているアルドステロン症の局在診断については、CT・RIシンチグラフィー・副腎静脈サンプリング(AVS)を放射線科と協力して行っています。
糸球体・尿細管間質疾患について
糸球体・尿細管間質疾患に関して、大田部長が症例を厳選して腎生検を実施おり、その実施件数は年間約30件です。光顕・電顕・蛍光抗体法に加えて特殊染色も可能な病理科とともに診断に当たっています。
膠原病について
膠原病は常勤スタッフ全員が豊富な治療経験を有していますが、関節リウマチについては県内トップレベルの関節外科である整形外科が主に治療しています。
血液浄化療法(人工透析)について
透析ベッドは32台で、主に透析導入や緊急透析および手術前後など問題点のある方の管理を中心に行っています。大規模災害時には、富山市南ブロックの透析施設の基幹病院として各施設と連携を取りながら透析医療を行うことになっています。
病院の性格上、急性腎不全や多臓器不全などに対する持続緩徐式血液濾過透析などの各種血液浄化療法や水・電解質バランスの維持に関して各診療科から応援を求められることが多くなっています。
外来の診察について
外来は、石田院長が高血圧を中心に、大田部長が糸球体・尿細管間質疾患を中心に診療しています。初診の方で緊急を要しない方は内科初診で一度診察した後に専門外来を予約していただきますが、紹介状をお持ちの方や定期受診の方は直接専門外来へ回っていただきますので、担当看護師にご相談下さい。
医療設備について
  • MRI
  • CT
  • DSA

診療実績

年代別腎生検数のグラフ

当科の特徴的な検査

腎生検
慢性の腎臓病で持続的なタンパク尿/血尿を呈したり、進行性の腎機能悪化を認めるような方が対象となります。顕微鏡を使って病理学的に詳しく腎臓の病気の原因を解析することにより、正しい治療方針の決定に役立てています。
24時間血圧モニタリング
携帯型の自動血圧計を装着して自宅での24時間の血圧の変動パターンを30分から1時間おきに測定します。これにより、血圧の変動パターン、降圧剤の効果判定、白衣高血圧の診断などが可能となります。

ここまで本文です。

前ページに戻る