メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 
病院機能評価マーク
電話番号 076-422-1112
〒939-8511 富山市今泉北部町2番地1
  法人番号 9000020162019

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

産婦人科

医療機関名
富山市立富山市民病院産婦人科 日本産婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設

対応疾患

疾患分類 具体的傷病名
産科 正常妊娠・分娩、切迫流産、切迫早産、子宮頸管無力症、各種の合併症妊娠
婦人科 子宮筋腫、子宮頸ガン、子宮体ガン、卵巣のう腫、卵巣ガン、絨毛性疾患、性器脱、更年期障害、不妊症、不育症、膣炎、性感染症

医師紹介

  • 三輪 正彦(みわ まさひこ)
  • 理事(病棟診療・治験担当)
  • 産婦人科部長(産科担当)
  • 金沢大学医学部 昭和54年卒
専門領域
  • 産婦人科全般
  • (特に合併症妊娠の管理、婦人科内分泌)
資格
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 母体保護法指定医
学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本周産期新生児学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
モットー・患者さんへの一言
  • 病状などについて、できるだけわかりやすく説明することをモットーとしています
 
  • 齋藤 真実(さいとう まみ)
  • 健康診断部主任部長
  • 産婦人科医長
  • 奈良県立医科大学医学部 昭和58年卒
専門領域
  • 産婦人科、女性医学、和漢
資格
産婦人科専門医
学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学会
  • 東洋医学会
モットー・患者さんへの一言
  • 気楽にご相談ください。
 
  • 長谷川 徹(はせがわ とおる)
  • 参事
    産婦人科部長(婦人科担当)
  • 腫瘍内科部長
    富山医科薬科大学医学部 平成2年卒
専門領域
  • 産婦人科全般、女性医学、骨粗しょう症
資格
医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本骨粗鬆症学会認定医
新生児蘇生法「専門コース」修了
母体保護法指定医
検診マンモグラフィ読影認定医
富山大学大学院非常勤講師
学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本骨粗鬆症学会
    日本周産期・新生児医学会
    日本臨床腫瘍学会
    JGOG 婦人科悪性腫瘍研究機構

  • A-TOP 骨粗鬆症至適療法研究会
モットー・患者さんへの一言
  • 誠意、感謝
 
  • 大田 悟(おおた さとし)
  • 感染防止対策室部長
    産婦人科医長
  • 自治医科大学医学部 平成3年卒
専門領域
  • 産婦人科全般
資格
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
学会
  • 日本産科婦人科学会
    日本生殖医学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
モットー・患者さんへの一言
  • 患者さんにわかりやすい医療を心がけています。
 
 
  • 吉越 信一(よしこし しんいち)
  • 図書室部長
    産婦人科医長
  • 弘前大学医学部 平成15年卒
専門領域
  • 周産期
資格
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
    新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
学会
  • 日本周産期・新生児医学会
    日本生殖医学会
    日本婦人科腫瘍学会
    日本産科婦人科内視鏡学会
モットー・患者さんへの一言
  • 素直
 
  • 丸山 恵利子(まるやま えりこ)
  • 産婦人科嘱託医師

  • 富山大学医学部 平成26年卒
専門領域
  • 産婦人科
資格
  •  
学会
日本産婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
モットー・患者さんへの一言
 丁寧な診療を心がけます。

診療科の特色

地域の中核病院として産婦人科全領域の診療を行っています。より正確な診断のために超音波検査やMRI検査などを行って、患者さんが自分の病状を納得できるよう努めています。 産科においては「母子にとってできるだけ安全に」を目指し、妊娠初期から超音波検査を積極的に行い、管理しています。婦人科においては、悪性腫瘍に対しては各疾患ガイドラインに沿った診療を心がけています。良性腫瘍に対しては、腹腔鏡下手術や経腟手術など負担の軽い治療法を選択するように心がけています。
妊娠・分娩
妊婦健診では超音波画像診断をほとんど毎回行い、赤ちゃんの発育状態の把握に努めています。また、助産師による保健指導を毎回行っています。医師とは違った視点で指導を行います。妊娠中における日常生活の過ごし方でわからないことがありましたら、気軽にご相談下さい。平成21年10月から助産師外来(ハッピーママ外来)を開設しました。金曜日の午後に予約制で行っています。
分娩に際して胎児心拍モニターを中心に胎児監視を積極的に行ってます。希望に応じてカンガルーケア、母児同室、母乳の確立などに力を入れ、母と子のふれあいを大切に考えています。
婦人科
外来では骨粗鬆症、更年期障害、子宮内膜症および不妊症など婦人科全般の診療を行っています。そのほか産婦人科外来にて、水曜日の午後予約制で産婦人科と内科の女医による女性専用外来を行っています。

診療実績

 


 

無痛分娩

2010年より麻酔科医師の協力を得て無痛分娩を行っています。

概要を掲載しますので、興味のある方はご相談ください。

●無痛分娩の診療実績


●当院での無痛分娩について(持続硬膜外麻酔による無痛分の説明書)


●入院中のスケジュールについて(診療計画書)


●麻酔は当院麻酔科医師が担当しています(麻酔科医師紹介)


●麻酔科医の無痛分娩に関する経歴と研修履歴   2018年6月現在
 

永川保
日本麻酔科学会指導医
麻酔科標榜医
無痛分娩経験年数 7年(2011年から)
新生児蘇生法NCPR Bコース 受講 2017年


高木麻里 
日本麻酔科学会指導医
麻酔科標榜医
無痛分娩経験年数 7年(2011年から)


松浦康荘
日本麻酔科学会指導医
麻酔科標榜医
無痛分娩経験年数 6年(2012年から)
新生児蘇生法NCPR Bコース 受講 2017年


黒田康子
日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医
無痛分娩経験年数 2年(2016年から)
母体急変時の初期対応(J-CMELSベーシック)受講 2018年
新生児蘇生法NCPR Bコース 受講 2017年


五十嵐太郎
日本麻酔科学会認定医
麻酔科標榜医
無痛分娩経験年数 3年(2015年から)
新生児蘇生法NCPR Bコース 受講 2017年
ACLS2015(2次救命処置)プロバイダーコース 受講 2018年


榎本洸


●急変時の対応について

・母児の状況により緊急帝王切開や児の管理が必要と考えられる場合には、麻酔科や小児科と速やかに連携して
 対応しています。

・母体に集中治療が必要とする場合はICUで治療を行います。

・必要に応じて富山大学附属病院や富山県立中央病院へ母体搬送や新生児搬送を行っています。

●救急蘇生への取り組み(認定コースと有効期限)


●日本産婦人科医会偶発事例報告・妊産婦死亡報告事業へ協力しています。


●最終改定日 2018.5.1

 

追加情報

○平成21年10月から助産師外来(ハッピーママ外来)を開設しました
   詳細はハッピーママ外来(助産外来)をご覧下さい
 
 ○平成21年10月から胎児心エコー外来の開設をしました
   胎児の心疾患は先天異常の中で最も多いとされています
   小児循環器科医が“お腹の赤ちゃん”の心臓に異常がないか診断します
   この検査の詳細は、当院胎児心臓エコー検査についてをご覧下さい
 
 

 

ここまで本文です。

前ページに戻る