メニューを飛ばして本文へ

富山市立富山市民病院
  • 文字の大きさ
    • 小
    • 中
    • 大
 

ここから本文です。

診療各科・各部のご案内

各科専門外来の設置や集中治療室を整備し技術向上に努めます。

各科のご案内

精神科

  • 精神科

  •  
 
  • 医療機関名
  • 富山市立富山市民病院精神科

精神科外来を受診される方へ

 

初診の患者様へ

当精神科では、初診患者さんを長時間お待たせしないようにと予約制にしております。他病院から紹介状をお持ちの方でも、事前に電話でお問い合わせください。また、初診患者さんの診療時間帯は午前9時30分から11時30分までの受付とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご協力の程お願いいたします。

 

アルコール専門外来を受診希望の患者様へ

これまで長年にわたりアルコール専門外来を開いてまいりましたが、吉本博昭元精神科部長の退職に伴い、平成23年4月1日より、専門外来を閉じることとなりました。御理解のほどよろしくお願いいたします。

  •  
  •  
  •  
 

医師紹介

  • 長谷川 雄介(はせがわ ゆうすけ)
  • 精神科部長
  • 平成8年卒
専門領域

認知症

資格
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医
  • 日本老年精神学会専門医
  • 日本老年精神学会指導医
モットー・患者さんへの一言
  • 丁寧な診療を心がけております。
 
  • 伊東 徹(いとう とおる)
  • 精神科デイケア科部長
    精神科医長
  • 平成13年卒
専門領域
  • 精神科一般
資格
  • 精神保健指定医
  • 医学博士(富山大学、認知情動脳科学専攻)
  • 日本精神神経学会認定精神科専門医
学会
  • 日本精神神経学会
  • 日本臨床神経生理学会、日本臨床精神神経薬理学会
モットー・患者さんへの一言
    • 患者様のニーズに応じた医療を提供できるよう頑張ります。
 
  • 西田 公彦(にしだ きみひこ)
  • 精神科医長
  • 富山大学医学部 平成16年卒
専門領域             精神科専門領域一般
資格               精神保健指定医
学会

        日本精神神経学会

        日本司法精神医学会

モットー・患者さんへの一言

        精神科を受診してよかったと思っていただくこと。

  • 睦田 典和(むつた のりかず)
  • 精神科嘱託医師
  •  
専門領域
  •  
学会
  •  
モットー・患者さんへの一言
  •  

外来診療日

医師名 外来診療日
初診(9時30分から11時30分まで) 再診
長谷川 雄介 水・金
伊東 徹 火・金
西田 公彦 火・木(木曜日は15時まで)
大口 善睦

診療科の特色

心の病気には不眠症から統合失調症まで多岐にわたりますが、さまざまな疾患にも対応できるのが当科の特色です。それは総合病院の中にあって外来医療と入院治療を行うことができ、リハビリテーションとしてのデイケア施設を有しており、活動療法棟で作業療法も行っています。ハード面を支えるスタッフも充実しており、精神科医師・看護師の他に、臨床心理士、作業療法士や精神保健福祉士などのコ・メデイカルもいます。さらに、市民に無料で心の健康相談も行っています。特に総合病院精神科の機能を発揮できやすい、精神科救急や、身体合併症をもった患者さまの治療に力を入れています。カウンセリングを希望される方も多く、その要望にも応えています。
 
平成19年4月より富山市民ACT (ACT-T)を実施し、地域精神医療に力を入れています。
 
以上のような活動を行なっており、日本医療機能評価機構より複合型B(一般病院と精神科病院の機能を持つ場合)の認定を受けています。
 

精神科とは

精神科とは、心の病を治療する科です。心の病といっても不眠症からうつ病や統合失調症まで多岐にわたっています。現代のように混沌とした時代において、心が多くのストレスによって病みやすくなっています。ストレスは体と心を同時に障害しますが、精神科は主に心からのアプローチを行います。精神療法やカウンセリング、薬物療法などのいろいろな方法を使って治療を行う科です。心の病に関しては、病気にならないような予防対策が大切です。心が傷ついて危ないと思ったときには、早めの心の健康相談が大事です。万が一、病気になったときは早期発見、早期治療に心がける必要があります。心の病気が重症であれば、心のリハビリテーションが必要になりますし、再発しないための方法を取ることも大事となります。このような一連の活動を精神科で行っています。
 

総合病院精神科とは

 
心の病気や疑われた時に、総合病院精神科、精神科病院、精神科クリニックなどを受診することができます。
それぞれに特徴がありますが、総合病院精神科の一番の特徴は、他科と連携医療ができる点です。内科や外科、産婦人科、小児科などいろいろな科があり、専門的な検査・治療を受けることができ、その結果をリアルタイムに知り、診療に役立てることができます。心の病気は身体症状として現れることもあります。例えば、ストレスにより高血圧や潰瘍を生じることもあります。また、心の病の人は多種多様の身体の病気を合併します。心も体も治療となりますと、メリットが大きいと思われます。さらに、身体の病気になった人にうつ状態やせん妄を伴いやすいのですが、精神科医がいると入院期間が短縮すると言われており、総合病院に精神科があると患者さんにとっても病院にとっても良いことが多いのです。
 

主な病気

不眠症
成人の4人に1人が何らかの不眠を自覚しています。不眠症の診断は「眠れないことを苦しみ、翌日の社会生活が障害されるもの」で、日中の不自由さが大事な診断や治療のポイントになります。症状には、「夜中途中で目が覚める」(中途覚醒)や「なかなか寝つけない」(入眠困難)、「朝早く目が覚める」(早朝覚醒)などがあります。
原因はいろいろあります。ストレスにより眠りが妨げられるものから、うつ病や統合失調症など、こころの病の症状の一部であることもあります。また、体の病気のために不眠が出現することがあります。かゆみや痛みのためであったり、呼吸が10秒以上止まることで深い睡眠に入りにくく日中に強い眠気を生じる睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気であったりすることもあります。睡眠のリズムが乱れることも原因となり、海外旅行による一過性のものから、深夜勤務によるものまであります。
治療は、原因によって対処方法は異なりますが、規則正しい生活のリズムに心掛けることは共通しています。睡眠導入剤の使用は有効な治療法ではありますが、薬だけに頼らず、原因が解消されたら速やかに服薬を止める必要があります。睡眠導入剤には、効果の時間や効き目の違いがあるいろいろなタイプの薬があります。困った時には専門医に相談しましょう。
うつ病
人は疲れがたまったり心配事があったりすると憂うつになったり、元気がなくTVを見ても面白く感じなかったり、食欲不振や不眠を認めたりすることがあります。この状態が2週間以上続けばうつ病を疑う必要があります。この病気は100人に5人ぐらいが一生の間になると言われ、成人病の糖尿病では100人に10人と比較しても多い病気になります。また、うつ病は「こころのカゼ」と言われるように、正しく対処しないと風邪によって肺炎になるように自殺という不幸な結末にいたることもあります。早期発見、早期治療が必要です。
症状は原因によって少し違いがあり、大きく2つに分けることができます。1つは「エネルギー切れうつ病」ともいえるタイプで、内因性うつ病と診断されるものです。症状は、抑うつ気分や、好きだったことに興味が薄れたり喜べなくなったり、疲れやすくやる気がおこらなかったり、集中力が失われたり、睡眠障害や食欲減退などの症状を認めたりします。朝方に調子が悪いなどの日内変動が特徴もあります。症状がひどくなると、自責的や罪業的になることもあります。もう一つは、「人間関係うつ病」ともいえる、神経症性うつ病です。症状は軽いうつ病と同じ症状ですが、どちらかといえば夕方に調子が悪かったり、イライラすると人を責めたりする(他責的)という違いがあります。
原因は、「エネルギー切れうつ病」には几帳面で真面目で多少融通のきかない性格の人が、転勤、引っ越し、栄転、病気や家庭内の葛藤などのストレスを機に発症することが多いといわれています。 一方、「人間関係うつ病」は、元来人付き合いの苦手な人が、人間関係のストレスで起こる場合が多いといわれています。
治療は原因によって多少異なりますが、体を休めるなど静養を心がけたり、ストレスを増やさないためにも、無理をしたり頑張らないようにすることがまず大切で、自己流を避ける必要があります。抗うつ薬や抗不安薬の投与も必要になる場合が多いので、かかりつけの医師と相談したり、精神科や神経科などの専門医を訪れることが大切です。最近は、抗うつ薬や副作用が少ないSSRIやSNRIという薬物が次々に発売され、日常の生活に支障がなく服薬できるようになってきています。症状が重篤で自殺念慮や自殺企図があり、一刻を争う場合には、電気けいれん療法という治療も総合病院で行うことができるなど、この病気に対する治療が発展しています。
統合失調症
この病気は、以前には精神分裂病と言われましたが、精神が分裂すると誤解されやすいので病状を適切に表現するものとして「統合失調症」と呼ばれるようになりました。統合失調症は約120人に1人の発症で、日本では約76万人が治療を受けており、決して珍しい病気ではありません。また、20万人が入院して治療を受けています。
症状は、すぐに気づきやすい幻覚や妄想と、注意しないと分かりにくい、活動性の低下や引きこもりがあります。過敏で漠然とした不安だけが続き,統合失調症の治療がなされず苦しんでいる場合があります。また、幻覚(幻聴)や妄想が生じても、初期には強い現実性に圧倒されて混乱することが多いのですが、時間の経過につれて現実の声と区別出来るようになり、治療によって症状がかなり軽減される場合が一般的です。
原因は不明ですが、神経から神経に情報を伝える神経伝達物質の乱れがあり、過剰になっている部分と反対に減少している部分が想定されています。薬物療法はこの乱れを調節しています。遺伝を心配される向きもありますが、色盲に認められる遺伝形式はとりません。例えば遺伝子が全く同じである一卵性双生児でも、病気の一致率は50%以下です。親の育て方が悪いためという証拠もありません。
この病気の経過は、発病して2~6ヶ月の急性期のあと、安定化する時期を向かえます。しかし、疲れやすい、集中できない等の生活上の障害を残すこともあり、神経を徐々に社会の風に慣らしていく場(デイケア、作業所など心理社会的治療)が重要となります。
治療は、薬物療法、心理社会的治療や精神療法が重要です。特に薬物療法については、症状が良くなるとどうしても薬を止めたくなります。しかし、服薬の中断により再発することが多く、服薬は経過を左右する重要な要因です。症状消失してから最低1年は服薬を維持し、その後徐々に減量していく慎重な対応が欠かせません。近年、副作用の少ない新薬(非定型抗精神病薬)が出ていますので、以前と比べて、副作用による生活障害を少なくして服薬の継続がしやすくなっています。当科では、心理社会的治療にも力を入れています。患者さんやその家族に対し、心理教育プログラムも実施しています。
急に精神状態が悪くなり、奇妙な言動や自殺・暴力の危険が感じられた場合に、通院している病院に早めに相談されることが大事です。通院先がなければ、医療機関や保健所、時に警察の援助が必要となることがあります。富山県では精神科救急システムが稼働しており24時間の対応が可能となっています。

主な治療方法

精神療法 精神科の特徴と言える治療法で、一般的に支持療法が主に行われています。当科では、医師間の勉強や実践を通じて精神療法の技術を磨くように日々勤めています。
カウンセリング カウンセリングとは「相談・助言」という意味を持っていて、「心理面接」という言葉も使われます。
人間関係、学校や職場での悩み、自分の性格や生き方など様々な悩みや困難、不安などを抱えた方々とカウンセラーがお会いし、心理学を基盤とした技法・知識を用いて、一緒に解決方法を考え探すお手伝いをいたします。

なお、当院ではカウンセリングを受けられる方には主治医の許可と診察が必要です。
相談は完全予約制で概ね毎週1回30分から50分、保険診療の範囲内で行います。
  • 相談された内容についての秘密の保持は厳守致します。
  • 相談は臨床心理士がお受けいたします。
精神科受付の写真
薬物療法 薬物療法は、心の病気に対して有効な手段です。特に、精神病と言われる病気に対しては大事な療法です。それに対して非精神病と言われる神経症などには、不安や緊張、抑うつを軽減し上記の精神療法の効果を上げやすくします。

富山市民病院では、オーダリングシステムを採用し、待ち時間を少なくしたりしています。このシステムの採用により、投薬ミスを軽減したりできるようになっています。また、医師に対して投薬している薬の情報をリアルタイムに知ることができるDI(Drug Information)を備えており、影で薬物療法を支えています。
精神デイケア科 精神デイケア科を参照ください。
精神科作業療法 心の病気にかかることにより、仕事や家事などができにくくなる、生活リズムが不規則になる、人との関わりがもちにくくなる、意欲や自信がなくなるなどさまざまな生活の障害が生じることがあります。

精神科作業療法(Occupational Therapy:OT)では、そのような生活のしづらさを具体的・現実的な活動・作業を通して病気の回復を促し、その人にとってより良い生活が送れるように援助を行います。
患者さん1人1人の病気の症状・回復状況に応じて、作業療法士と話し合い、個人に合わせた作業活動を提供しています。患者さんの興味や経験も考慮しながら、作業種目・具体的方法を選択します。
当科では、南病棟2階に活動療法棟があり、絵画・木工・手芸室、調理室、作法室、音楽室などが完備され、その環境の元で精神科作業療法を行っています。 作業療法の写真1
作業療法の写真2
  • 作業種目
  • 手芸(ネット手芸、ビートル手芸、フェルト手芸、編み物
  • ビーズアクセサリー、スキルギャラリーなど)
  • 木工・寄せ木細工、革細工、籐細工、絵画(絵手紙、貼り絵など)
  • 紙工芸(アンデルセン手芸、折り紙細工、和紙工芸など)
  • 書字(習字・ペン字)、ワープロ、パソコン
  • 料理、その他
  • 作業療法の写真3
  • 対象
  • 統合失調症、気分障害、神経症、認知症、その他の疾患の方で、入院の方だけでなく、外来通院されている方も受けることができます。
  • 費用
  • 作業療法は医療保険で認められている治療の一つであり、各種の健康保険、高額療養費制度、自立支援医療制度が適用となります。なお、材料費は保険点数に含まれているので原則としてかかりません。
電気けいれん療法

電気けいれん療法(electroconvulsive therapy:ECT)は、頭蓋外の通電により、脳内に発作性放電を生じさせ、二次性の中心脳性の全汎性発作発射を引き起こして、精神症状の改善をはかる精神科治療です。有効率は薬物療法より高いとされ、機能性精神病のうつ病の場合、おおむね80~90%と報告されてます(日本総合病院精神医学会・日本臨床麻酔学会の電気けいれん療法研究合同小委員会編より)。

この方法では、けいれん発作を生じるために骨折などの副作用を生じやすいため、けいれん発作を生じないように筋弛緩剤を使用した無けいれんの修正型ECTが行われるようになりました。そのためには、手術室における麻酔科医の全身呼吸・循環管理が必要となり、精神科医と麻酔科医の連携の元で、総合病院を中心に修正型ECTが広がっています。

当科では、民間病院との連携医療を積極的に勧めており、民間病院で無けいれん療法が必要になった際に、当科に入院していただき、その治療が終了次第になじみの元の医療機関に戻っていただくようにしています。

トピックス

富山市民ACT (ACT-T) のご案内
当院では、重い精神障がいを抱えていても地域で安心して生活してゆけるように、「支えあう心を大切に」をキャッチフレーズとしてサポートする支援プログラムを、富山市民ACTとして活動しています。
ACT(アクト:Assertive Community Treatment:包括型地域生活支援プログラム)とは、精神障がいを抱えた人が、さまざまな職種の専門家から構成されるチームが支援を提供するプログラムです。
 
特徴
さまざまな職種の専門家や、病棟スタッフもACTチームの一員となり、入院時から信頼関係を確立することができ、退院前訪問等継続的に支援を行うことができます。対象者や家族の安全が守られるように、365日24時間のサポート体制を整えています。
 
ACTでの提供サービス内容
・ 服薬自己管理の支援
・ 個別の支持的療法(訪問、来所、電話)
・ 危機介入
・ 入院期間中の継続的支援
・ 身体の健康管理に関する支援
・ 日常生活に関する支援
・ 住居に関する支援
・ 経済管理に関する支援
 
利用対象基準について
1)当院に入院された方で、
2)65歳以下 
3)当院から車で30分以内の地域に住んでいる方
4)薬の自己管理に不安のある方
5)生活に不安の強い家族
6)アルコールおよび薬物依存問題のない精神障がい者
を対象とします。
 
費用について
訪問にかかる費用は、診療報酬の訪問看護指導料となります(自立支援医療の手続きをされている方は、上限額に達するまで1割の負担となります)。
 
ご関心のある方は、精神科外来にご相談ください。
 
心の健康相談
当科では、市民の皆様のために無料で心の健康相談を行っています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
泉会
病気や障害の理解を深めること、家族同士が支えあうことを目標として家族の集まりです。
月1回の定例家族会を開催しています。
精神科と家族会の共催で勉強会や交流会の行っています。
見学から出来ますので、まずはお問い合わせください。

ここまで本文です。

前ページに戻る