コンテンツへスキップ
学校案内

学校案内

学校長の挨拶

富山市立看護専門学校 校長 瀬 川正 孝

 本校は、昭和27年に富山市民病院附属准看護学院として開校し、昭和43年に富山市高等看護学院に改められ、昭和51年に富山市立看護専門学校と改名しました。平成18年に3年課程全日制、各学年40人の現体制となりました。これを機に、富山市今泉に設備の整った現在の校舎が建設され、看護実習は隣接した富山市立富山市民病院で行われています。開校以来、2135名の優秀な看護師を世に送り出しており、現在も多くの方が第一線で活躍されています。

 現代医療は、医師・看護師・薬剤師・検査技師・理学療法士・臨床工学士・栄養士という多くの専門家がかかわるチーム医療で成り立っています。その中でも、病気だけではなく、病める人を全人的に受け止めて治癒を手助けするという、看護師が果たす役割は極めて重要です。そのためには、専門的知識および高度な技術を体得することはもちろんのこと、共感できる心を養うことが重要です。本校の教育は、これらの3つの要素を身につけた看護師を育成することを目標にしております。

 教職員一同は、「病気や悩み、困難に苦しんでいる人々に手を差し伸べたい」という優しい志を持った若者を心から歓迎し、すぐれた看護師、プロフェッショナルとなれるように、共に努力してまいります。自分が成長することを喜びとし、また楽しみとしながら、本校で充実した三年間を過ごしてください。皆さんのご入学をお待ちしております。

富山市立看護専門学校
校 長   瀬 川 正 孝