コンテンツへスキップ
学校案内

学校案内

教育理念・教育目標

教育理念

豊かな感性と多角的な視野から、物事を考えることができ、さらに人々の権利を保障することができる人材を育成する。また、科学的な見方で看護を創造できる看護実践者として、社会の変化に対応でき、自己啓発できる人材の育成を目指す。

教育目的

科学的な看護実践と看護を追求できる基礎的能力をもち、あらゆる生活の場や健康状態にある人々に看護が実践できる看護師を育成する。

教育目標

  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広くとらえることのできる能力を養う。
  2. 適切なパートナーシップが構築できるようなコミュニケーション能力を養う。
  3. 科学的根拠に基づいた看護技術が行えるよう、情報収集力・判断力・実践力を養う。
  4. 倫理に基づき、人々の多様な価値観を認めその人の権利を守ることができる能力を養う。
  5. 保健医療福祉チームの一員として、他職種と協働しながら人々の健康問題に対処できる能力を養う。
  6. 多様化する情報を的確に捉え、自らの学習を積み重ね続けることができる能力を養う。

教育理念・教育目標イメージ