病院事業管理者の挨拶

病院事業管理者新しい年度の始まりにあたりご挨拶させていただきます。
本年4月1日に富山市立富山まちなか病院が開院しました。これまでの富山市民病院事業から富山市民病院と富山まちなか病院の二つを管理する富山市病院事業局に再編成されました。私は新たに富山市病院事業管理者に就任するとともに富山市民病院長の職も継続して兼務することになりました。

これまでの富山市民病院は急性期・高度急性期の入院医療、二次輪番の救急医療、専門性の高い外来医療および災害医療を役割として運営してきました。一方で富山まちなか病院は富山市の地域包括ケアを推進する目的で開院しました。回復期の入院医療、在宅療養支援などのプライマリーケアの救急医療、かかりつけ医としての外来医療および市民の健康増進がその主な機能になり、両病院の連携がキーになると考えています。

新しい元号も「令和」と定まり新しい時代への期待が高まっていると思いますが、ちょうどこのようなタイミングで新しい体制が始まるのは我々の医療提供の大きな変革を後押ししてくれているように感じます。皆さまのご期待に沿えるように職員一同頑張りますので、ご支援のほど宜しくお願いいたします。

2019年4月
富山市病院事業管理者、富山市民病院院長
石田 陽一