病院沿革

変遷の時期 変  遷  の  内  容
昭和20年度 富山市民病院設置決定、建築工事着手
昭和21年度 第一病棟落成、診療開始
昭和26年度 完全給食実施
昭和27年度 完全看護実施、准看護婦養成所開設
昭和29年度 五福分院の開設
昭和30年度 分院に市立伝染病棟併設
昭和32年度 本院に整形外科開設
昭和33年度 基準看護・基準給食の承認、分院に結核病棟増設
昭和34年度 総合病院の名称承認
昭和36年度 事務局の設置
昭和37年度 分院精神病棟竣工
昭和39年度 救急病院の認定、泌尿器科の開設[地方公営企業法の適用]
昭和42年度 分院に小児科開設
昭和43年度 高等看護学院開設
昭和45年度 本院に神経科開設
昭和46年度 本院に呼吸器科開設、分院に歯科開設
昭和47年度 本院に脳神経外科開設、医事課・保育室設置
昭和48年度 人工透析開始、高等看護学院新築
昭和50年度 分院に第2外科(小児外科)開設
昭和51年度 カルテ室の設置、高等看護学院増築看護専門学校に改称
昭和52年度 救急医療体制(第2次輪番制)の整備
昭和56年度 新病院建設工事着工
昭和57年度 医事システムの電算化
昭和58年度 新病院落成、ヘリポ-トの開港
昭和59年度 呼吸器外科開設
昭和61年度 中国秦皇島市第1医院と医学交流に関する協議書を調印
昭和63年度 高気圧酸素治療装置導入
平成 2年度 MRI(磁気共鳴映像装置)導入
平成 3年度 外来時間予約制の実施
平成 6年度 土曜閉院実施、入院オーダーリングシステム開始、理学診療作業療法室の増築
平成 7年度 外来オーダーリングシステム開始、院外処方せん発行開始、結核病棟廃止、開放型病床の開設
平成 8年度 外来診療棟の増築
平成 9年度 頭腹部血管造影装置導入、胸部血管外科、健康管理科の開設
平成10年度 MRI2台(磁気共鳴映像装置)導入、MRI室増築、心血管造影装置導入
平成11年度 自動再来受付機導入、結石破砕装置導入、感染症病床6床の指定とそれに伴う伝染病棟40床の廃止
平成12年度 NICU(新生児集中治療室)のバイオクリ-ン化
平成13年度 救急センターの増築
平成14年度 臨床研修病院の指定、女性専用外来の開設 
平成15年度 血液浄化療法科・感染症病棟の増改築、放射線画像システムの導入、「さんぽ図書館」「ふれあいギャラリー」の開設
平成16年度 ICU(特定集中治療室)の改修、HCU(高度管理治療室)の新設、電子カルテシステム基本計画策定、看護専門学校建設工事着手
平成17年度 電子カルテシステム一部稼動、病院調理業務の委託、3年制看護専門学校開設、富山市民病院病棟改修(平成17年12月~平成20年11月)、自動精算機の導入
平成18年度 電子カルテシステム本稼動、病棟改修工事、地域がん診療連携拠点病院の認定
平成19年度 ふれあい地域医療センターの開設、院内保育所の委託・夜間保育の実施、精神病床50床の削減
平成20年度 南病棟3階を緩和ケアの専門病棟(20床)・南病棟4階を精神病棟(50床)に改修、富山市民病院経営改善計画の策定、病院機能評価(バージョン5)取得、DPC導入地域医療支援病院の承認、7対1看護の実施、DPC対象病院
平成21年度 緩和ケア病棟(20床)の開設、「がん何でも相談室」の運用の開始、コーヒーショップの開店・売店の改装、食堂の改修、1階退院入口横トイレの改修、新型インフルエンザに対する医療提供、手術室の改修
平成22年度 富山市民病院DMATの発足、外来トイレのバリアフリー化
平成23年度 地方公営企業法全部適用、一般会計への富山市立看護専門学校所管換(4月1日)、医療マネジメント室の設置、第2期経営改善計画の策定、診療報酬専門官の設置、富山市・医師会急患センター開設(10月1日)、HCUをICUに変更
平成24年度 小児外科廃止、マイクロアレイ血液検査の開始
平成25年度 病院機能評価(バージョン6)取得、外来診療部門の改修工事(平成25年度~平成27年度)、感染防止対策室及び医療情報室の設置、治験支援センターの設置、病児保育室の設置及び病児保育の開始
平成26年度 地方公営企業会計新会計基準の適用、第3期経営改善計画の策定、ICUの一部をHCUに変更
平成27年度 富山県がん診療地域連携拠点病院の指定、医療情報システム最適化計画の策定、看護外来の設置
平成28年度 放射線治療装置の導入、部門システムサーバ統合仮想基盤の導入、新公立病院
改革プランの策定、選定療養費の導入
平成29年度 第4期経営改善計画の策定、まちなか総合ケアセンターとの連携開始