看護部

看護部長写真

看護部長からのメッセージ
看護部長
神保 浩子
Jinbo Hiroko

私達はその人らしさを大切にした"A・T・O・M −アトム−" の看護で、三つの満足を目指します。

看護部では「その人らしさを大切に質の高い看護サービスを提供する」使命のもと、 
病院の目指す地域から信頼される質の高い医療の提供に貢献しています。
私たちの大切にする看護を表したのが"A・T・O・M −アトム−"です。

A 安心・安全    :根拠に根ざした看護 
T つながり     :地域、多職種との連携  
O  思いやり   :相手の立場に立つ   
M  目的意識    :目指すべきものを考えた行動

これらを日々の看護の中に息づかせることで、患者・家族の方々、共に働く仲間、そして未来の看護を支える学生の方々、それぞれ三つの満足につながることを目指しています。

私達は急性期医療の提供と共に、その人らしさの背景である「暮らし・生活」の視点を持ち、入院から退院までの支援をしていきます。当院は平成20年度に県下初の「地域医療支援病院」に認定されました。これまでの経験と知識を生かすとともに、すでに開始した訪問看護活動や、4月から開業する富山市まちなか総合ケアセンターへの看護師派遣を通してより一層地域とのつながりの幅を広げてまいります。

高度先進医療、IT化が進む中で、最前線で人と接する看護師の役割はますます重要になってきます。私達は「考えつつ、実践する」看護を大切にする教育プログラムで人材育成を考えています。また、専門的な知識、技術を持った認定看護師、助産師、院内エキスパートナース等が他の医療スタッフと連携し、看護外来、他職種連携医療チームの中心として活動しています。そのためにも看護師、看護補助者、医療助手すべてが生き生きと働き続けられるワークライフバランスの実現に向けた取り組みも進めています。また、次世代の医療を担う看護学生の方々に、満足できる実習経験を提供できるように努力しています。

看護部全ての職員が、三つの満足にむけて自分たちができる事を考え、実践することで、選ばれる病院を目指していきたいと考えています。
私達の看護にご興味のある方は、どうぞ富山市民病院をお尋ねください。

看護部スタッフのメッセージ

統括副看護部長: 市橋 啓子(いちはし けいこ)
前向きに、いきいきとした人材の育成、組織の一体化をめざしたいと思います。よろしくお願いいたします。

副看護部長(入院・地域連携担当): 境 信子(さかい のぶこ)
本年度から看護部副部長になりました。療養環境の向上のために「患者さんファースト」で精いっぱいがんばりますので、よろしくお願いいたします。

副看護部長(外来担当):  重松 理恵(かさまつ りえ)
外来待ち時間を短くするなど、安心して外来受診ができる環境作りに努めます。また、災害時においても病院としての機能が保たれ、地域の皆さんに最適な医療が提供できるような仕組みを考えていきたいと思います。

教育専従主幹: 田中 理津子(たなか りつこ)
温かくやさしい看護、看護技術実践能力の向上のための研修を考えております。地域の医療機関にお勤めの方も研修参加しやすいように考えていきたいと思います。