看護部

看護部長写真

看護部長からのメッセージ
看護部長
神保 浩子
Jinbo Hiroko

看護部では「その人らしさを大切にした質の高い看護サービスを提供する」使命のもと、当院の目指す地域から信頼される質の高い医療の提供に貢献しています。

私たちの大切にする看護を表したのが"ATOM -アトム-"です。

A  安心・安全  :根拠に根ざした看護 

T つながり    :地域、多職種との連携  

O  思いやり    :相手の立場に立つ   

M  目的意識   :目指すべきものを考えた行動

私達はその人らしさを大切にした "ATOM -アトム-" を日々の看護の中に息づかせることで、三つの満足を目指します。

- 三つの満足とは、「患者・家族の満足、職員の満足、未来を支える学生の満足」を表します-

少子超高齢社会の医療は大きな変革を求められ、高度先進医療、IT化が進む中で、最前線で人と接する看護師の役割はますます重要になってきます。富山市民病院では看護師が質の高いチーム医療のキーパーソンとして活躍できるよう、専門的な知識、技術を持った認定看護師、助産師、院内独自のエキスパートナースが、他の医療スタッフと連携し、看護外来、他職種連携医療チームの中心として活動しています。

当院は2008年度に県下初の「地域医療支援病院」に認定されました。20174月開設の富山市まちなか総合ケアセンターのまちなか診療所、産後ケア室、病児保育室への看護師派遣や、本年41日に開院した富山まちなか病院との連携を通して、より一層地域とのつながりの幅がひろがり、看護師の活躍の場も拓けることが期待されます。急性期医療の看護の知識・技術の向上はもちろんのこと、その人らしさの背景である「暮らし・生活」の中で病との共生を考える視点、そしてなにより患者・家族の思いに寄り添うことのできる看護師の育成が課題となります。そのためにも看護師、看護補助者、医療助手が生き生きと働き続けられるワークライフバランスの実現に向けた取り組みも進めています。

また、次世代の医療を担う看護師の育成支援を重要な使命として、当院を実習病院とする看護学生の方々に満足できる実習経験を提供できるように努力しています。

看護部全ての職員が、「三つの満足」にむけて自分たちができる事を考え、実践することで、選ばれる病院を目指していきたいと考えています。私達の看護にご興味のある方は、どうぞ富山市民病院をお尋ねください。

看護部スタッフのメッセージ

統括副看護部長・地域連携担当: 境 信子(さかい のぶこ)

患者さん、ご家族、医療者・地域がそれぞれ持っている強みをいかしつつ、「その人らしさを大切にした看護」を推し進めていきます

副看護部長(入院担当): 大田 優子(おおた ゆうこ)

安全で安心できる療養環境をつくり、心が伝わる看護を提供したいと思います。また院内外の多職種のつながりを強化し、一つのチームとなり最適な医療サービスを目指します。

副看護部長(外来担当): 田中 理津子(たなか りつこ)

外来待ち時間を短くすることや安心して外来受診ができる環境作りに努めます。また、看護実践に活かせる研修を通して「その人らしさを大切にした質の高い看護」が提供できる人材を育成します。

看護部付主幹: 籠井 瑞穂(かごい みづほ) 

看護部主幹の籠井です。安心・安全な看護が提供でき、地域の皆様や地域の医療機関から信頼されるように、スタッフ1人1人の『力』を活かせるような仕組み作りに努力してまいります。よろしくお願いいたします。