内科(循環器内科)

内科(循環器内科)

診療科の特色

日本循環器学会循環器専門医研修関連施設と日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設の認定を受けており、常勤医5名のうち3名は日本循環器学会専門医です。

虚血性心疾患をはじめ、心不全、不整脈、弁膜症、心筋症などの心疾患を中心に、閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症や肺塞栓症などの血管病変にも対応しています。また急性心筋梗塞への緊急冠動脈インターベンション治療はDoor to balloonが90分以内を目指して迅速に行っています。

毎週循環器カンファレンスを開いて、心臓カテーテル検査・治療を行った患者さんや問題点のある症例の検討会を行い、治療方針決定や循環器医間の情報の共有をしています。心不全患者さんには、通常の薬物治療以外に、心臓リハビリテーションを積極的に取り入れ、さらに難治性心不全へ和温療法も行っています。

実績

2020年はコロナ禍の影響で例年より少なかったですが、心臓カテーテル検査195件、冠動脈インターベンション治療64件、不整脈へのアブレーション2件を行いました。急性心筋梗塞への緊急治療は、8割以上の例で病院到着から90分以内に施行できております。
外来で冠動脈狭窄を評価する冠動脈CT検査も行っており、負荷心電図や負荷心筋シンチグラフィーと合わせて冠動脈疾患の発見につとめています。
入院および外来心臓リハビリテーションの実施は、のべ約3,500件でした。
ペースメーカ植え込みも新規手術16件および交換手術を6件行い、半年に1度ペースメーカ外来にてペースメーカのチェックを行っています。

対応疾患

虚血性心疾患
労作性および安静時狭心症、心筋梗塞、冠動脈瘤
不整脈
洞不全症候群、房室ブロック、発作性頻拍症、心房粗細動、心室頻拍、心室細動
弁膜症
僧帽弁、大動脈弁、三尖弁などの閉鎖不全および狭窄症
心筋症、心筋炎
肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症、心サルコイドーシス、アミロイドーシス、急性心筋炎、激症型心筋炎
心膜疾患
急性および慢性心膜炎、心タンポナーデ
成人の先天性心疾患
心房中隔欠損症、心室中隔欠損症
動静脈疾患
大動脈解離、大動脈瘤、深部静脈血栓症、肺塞栓症

特徴的な検査・主な手術

心エコー図検査
断層エコーで形態、ドプラー検査にて弁逆流や狭窄を非侵襲的に評価します。経食道心エコーも行っています。
冠動脈CT
外来で3D-CTにより、冠動脈狭窄、血管の石灰沈着状態が評価できます。
核医学検査
各種アイソトープを用い、非侵襲的に心筋虚血、心機能を評価します。
心臓カテーテル検査
診断検査は、撓骨動脈の局所麻酔で、約30分ほどで評価可能です。右心カテーテルでの心腔内圧や血行動態も評価可能です。
心筋生険
専用カテーテルで心筋細胞を採取し病理診断をします。
心臓インターベンション治療
冠動脈狭窄部を血管内超音波で評価し、バルーンやステントで拡張します。ロータブレーターやDCA(粥腫切除術)も今後取り入れていく予定です。
アブレーション治療(心筋焼灼術)
大学病院と連携し、上室性頻拍症や心房粗細動に対してカテーテル焼灼で不整脈根治を目指します。

外来診療日

週間担当医のページをご覧ください

医師紹介

桶家 一恭 (おけいえ かずやす)

薬剤部主任部長
循環器内科部長
医学博士

医学部卒業年
S63年

寺崎 敏郎 (てらさき としろう)

参事・内科医長

医学部卒業年
S60年
専門領域
循環器内科、心臓カテーテル・治療、内科全般
資格
総合内科専門医(日本内科学会)
循環器専門医(日本循環器学会)
学会
日本循環器学会
日本内科学会
日本心血管インターベンション治療学会
モットー
患者さんと相談しながら検査や治療を行う

打越 学 (うちこし まなぶ)

救急科部長
救急・総合診療センター部長、集中治療科部長、内科医長
統括DMAT登録者

医学部卒業年
H8年
専門領域
循環器内科(不整脈・虚血性心疾患)、救急・集中治療
資格
総合内科専門医(日本内科学会)
循環器専門医(日本循環器学会)
救急科専門医(日本救急医学会)
学会
日本不整脈心電学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本集中治療医学会
モットー
目の前の患者さんに最善を尽くす

栗田 康寿 (くりた やすひさ)

内科医師

医学部卒業年
H23年

長森 勇多 (ながもり ゆうた)

内科医師

医学部卒業年
H28年
学会
日本内科学会
日本循環器学会