肝胆膵外科

外科(消化管外科・肝胆膵外科・乳腺外科)

診療科の特色

膵臓・胆管・胆嚢のがんは、21世紀に残された難治がんと言われています。精緻な進展範囲の診断を行い、それを基に術式を計画しますが、胃がん・大腸がんに比べて侵襲の高い手術になるので、各症例の年齢、体力、ADLに合わせてテーラーメイド的に術式を変えていく必要があります。
「再発しない」、「術後早期に回復し、QOLが良い」を両立させるため、同じ「膵頭十二指腸切除術」、「膵体尾部切除術」といえども、100症例あれば100種類の手術方法を立案し行います。また、数年前までは切除不能とされていた高度局所進行がんでも、内科的治療が奏効すれば積極的に切除を行い、良い成績を収めております。内科、放射線診断科、外科を結集したチーム医療の力で、患者さん達の希望を繋ぐ治療をめざしています。

実績

「肝胆膵外科」は消化器外科の中でも特に高い専門性を持って診断・治療を行わなければ良い結果は得られません。当院では他院に先駆け、臓器別の外科専門領域として、2015年4月に立ち上げました。皆様のおかげで症例数は以前と比較して飛躍的に増加しています。
2017年の実績は、肝腫瘍11例(肝細胞がん4例、転移性肝がん7例)、胆道腫瘍11例(胆管がん9例、胆嚢がん2例)、膵腫瘍11例(膵がん8例、膵IPMN/NET 3例)でした。これに対して術式は、肝切除術 14例、膵頭十二指腸切除術 13例、膵体尾部切除術4例が施行されました。また胆嚢炎、胆石症は82例で、胆嚢摘出術は84例(胆嚢がんも含む)その内腹腔鏡下手術が63例に行われました。