たてやま医療連携ネット

富山県地域医療連携ネットワークシステムの利用について

富山県地域医療連携ネットワークシステムは当院の保有する診療情報を、富山市医師会が運営する医療連携ネットワーク「診療工房」のサーバーを中継して、診療情報による質の高い医療を提供することを目的としています。富山県地域医療連携ネットワークシステムの利用を希望される医療機関の先生方は、患者様及びご家族に利用申請の説明を行い、同意を得て【富山県地域医療連携システム利用同意書】に署名していただく必要があります。
診療情報提供開示は、申し出のあった日から過去2年間(検体検査結果は申し出のあった日以降の開示となります)・開示後2年間となります。開示後2年間経過した患者様には改めて同意書が必要になります。

平成31年3月10日(日)より新電子カルテシステムの稼働に伴い、地域連携システム「診療工房」に加え、新たに「Human Bridge」を導入しました。

「診療工房」では、検体検査結果及び各種レポート(放射線・内視鏡・生理・病理検査)の閲覧ができます。「診療工房」の詳細については富山市医師会へお問い合わせください。

「Human Bridge」では、患者基本情報、病名、各種書類(退院サマリー・返書・診療情報提供書)の閲覧ができます。お問い合わせはふれあい地域医療センターまでお願いいたします。

同意書はいずれをご利用の場合も【富山県医療連携ネットワーク利用同意書】1枚で可能です。